鉄道模型買取専門店鉄道模型高く売れるドットコム » 鉄道模型買取専門店事情ブログ
宅配買取 店頭買取 出張買取 最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」 今すぐお電話ください 0120-945-991
店舗情報 仙台リユースセンター 埼玉リユースセンター 西東京リユースセンター 東京リユースセンター 横浜リユースセンター 名古屋リユースセンター 大阪リユースセンター 神戸リユースセンター 福岡リユースセンター
買取強化中の鉄道模型
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
出張エリア拡大中
  • 東京近郊の出張買取エリア東京都近郊の関東エリア
    (東京、千葉、埼玉、神奈川)
  • 名古屋近郊の出張買取エリア名古屋近郊の東海エリア
    (愛知、三重、岐阜)
  • 大阪近郊の出張買取エリア大阪府近郊の関西エリア
    (大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀)
  • 福岡近郊の出張買取エリア福岡近郊の九州エリア
    (福岡を中心とした隣接県)
エリア外もまずはお気軽にご連絡下さい。
お電話お待ちしております。

スタッフ大募集
盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

鉄道模型買取専門店事情ブログ

2016年02月のアーカイブ

グリーンマックス製Nゲージ鉄道模型「名鉄6500系5次車」のご紹介

名鉄6500系5次車

モデル名鉄6500系5次車
メーカーグリーンマックス
製品名名鉄6500系5次車

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー グリーンマックス モデル 名鉄6500系5次車
参考価格 18,000円 発売日 -

0120-945-991 買取価格を調べる

株式会社グリーンマックスは従来はNゲージ鉄道模型の未塗装組立キットを主体に製品を展開してきましたが、近年では塗装済みキットや完成品モデルの製品化が主体となっています。特に近年、グリーンマックスは特定の時代の特定の編成の仕様を再現した私鉄電車をNゲージ鉄道模型の完成品モデルで積極的にリリースしています。

細かい変更点も再現

グリーンマックス製Nゲージ鉄道模型「名鉄6500系5次車」は完成品モデルとして、名鉄6500系5次車の2014年以降の姿を製品化したものです。名鉄6500系は1984年に登場した通勤型電車です。1976年から増備されてきた6000系の改良型に位置付けられます。6500系は1984年製の1次車から1992年製の8次車まで、改良を重ねながら合計24編成(4両編成8本)の増備が行われました。現在も名鉄の多くの路線で活躍中です。モデルとなったのは1987年に増備された2編成存在する5次車です。5次車はクーラーが3台で、乗員室扉後部に小窓が設置されるようになりました。

車体や屋根上機器の設定

2014年以降は豊橋より先頭車のクーラー上面に車番が表記されています。グリーンマックス製Nゲージ鉄道模型「名鉄6500系5次車」ではこのような差異が的確に再現されています。製品は基本4両編成セット(動力付)と増結4両セット(動力無)で構成され、基本セットの6466号車に動力が組み込まれています。動力はフライホイール付コアレスモーターで、小さいNゲージ鉄道模型でありながらスムーズな走行が実現されています。基本セットには6500系16番編成の、増結セットには6500系17番編成の車番が印刷済みです。

他のモデルも製品化

前面方向幕・種別幕・側面方向幕は印刷済みで、無線アンテナ・信号炎管・ヒューズボックス・避雷器は別パーツで取り付け済みです。ヘッドライトとテールライトは標準で点灯します。グリーンマックスは「名鉄6500系5次車」以外にも新旧の名鉄の車両を多種製品化しています。「名鉄6500系5次車」のように近年の姿を再現したモデルも多く、モデルの世界で近年の名鉄を楽しむことができます。

グリーンマックス「名鉄6500系5次車」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「名鉄6500系5次車」だけでなく、グリーンマックス製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

2012年頃の伊勢崎線を再現。グリーンマックス Nゲージ鉄道模型「東武10030型」

東武10030型

モデル東武10030型
メーカーグリーンマックス
製品名東武10030型

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー グリーンマックス モデル 東武10030型
参考価格 22,600円 発売日 -

0120-945-991 買取価格を調べる

グリーンマックスは鉄道模型メーカーである株式会社グリーンマックスの社名であり、同時にブランド名です。グリーンマックスは「創る楽しみいっぱい」をキャッチフレーズに、1970年代中頃にNゲージ鉄道模型の車両と建築物のキットの生産・販売を開始し、Nゲージ鉄道模型に参入しました。近年では、塗装済みキットや完成品モデルが主体となっています。特定の年代や編成に拘った私鉄車両を多数製品化しています。

細かい変更点も再現

グリーンマックス製Nゲージ鉄道模型「東武10030型」は、1988年に登場した10000系車両のマイナーチェンジ車10030型を完成品でNゲージモデル化したものです。東武10030型は2両、4両、6両、10両編成が製造され伊勢崎線、日光線、東上線で主に運用されている東武鉄道を代表する通勤車です。10030型は10000系に対し、外観では正面デザインが変更された他、ビードプレス車体への変更、ステンレスのダルフィニッシュ仕上げ化等といった点で違いが見られます。

車体や屋根上機器の設定

グリーンマックス製Nゲージ鉄道模型「東武10030型」はこのうちの2012年頃の伊勢崎線仕様を動力付基本6両編成セット、動力付基本4両編成セット、動力無増結4両セットでモデル化したものです。車体は新ロゴマーク印刷済みで、屋根上機器は無線アンテナ、クーラー、ベンチレーター、ラジオアンテナが何れも別パーツで取り付け済みとなっています。先頭車は全てLEDによりヘッドライト、テールライトが点灯します。

他のモデルも製品化

消灯スイッチが付いていますので、中間に先頭車が入った場合には消灯できますので、実車通りの姿を再現できます。動力車を含め全車に室内灯の組み込みが可能です。なお実車の東武10030型は近年10000系と同様にリニューアル工事が行われています。外観ではスカートの取り付け、車外スピーカーの設置、ベンチレーターの除去等といった点で差異が見られます。グリーンマックスはリニューアル後の姿や東上線仕様等、多様な仕様の東武10030型を製品化しています。同社は他にも東武の車両を多数製品化しています。東武の近年の姿をNゲージで再現できます。

グリーンマックス「東武10030型」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「東武10030型」だけでなく、グリーンマックス製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

房総特急の近年の姿を再現。KATOのNゲージ鉄道模型255系ご紹介

255系

モデル255系
メーカーKATO
製品名255系

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー KATO モデル 255系
参考価格 ¥ 16,900+税 発売日 -

お持ちの鉄道模型は今いくら?
買取価格を調べる

KATOは株式会社関水金属の鉄道模型ブランドです。関水金属は1965年に国産初のNゲージ鉄道模型車両の発売を開始しました。関水金属は今日まで車両のみならずレール、制御機器、レイアウト用品等に至る様々な高品質の製品を世に送り出してきました我が国を代表する鉄道模型の総合メーカーです。外国型車両も積極的に製品化しており、ヨーロッパやアメリカをはじめとする海外のNゲージ鉄道模型ユーザーからもKATOブランドは高い支持を得ています。

255系の歴史

KATOは房総特急(Boso View Express」と呼ばれるJR東日本の255系直流特急型電車をNゲージ鉄道模型で製品化しています。255系は房総地区の特急として活躍してきた国鉄時代製造の183系直流特急型電車の老朽取替を主たる目的に開発され、1993年に営業運転を開始しました。JR東日本の特急車としては初のVVVFインバータ制御を採用しています。2005年までは主に「ビューさざなみ」と「ビューわかしお」で活躍しました。

セット内容、付属品詳細

現在は主に「しおさい」で活躍中です。KATOは255系のうち、1994年に製造された2次型Be-05編成の近年の姿をプロトタイプに製品化しています。製品は基本セット5両と増結セット4両で構成され、両セットを合わせることで実車同様の9両編成が完成します。製品には2015年3月ダイヤ改正前後での表示内容に対応した行先シールが付属しています。255系の連接器はボディマウント式KATOカプラー伸縮密連型を標準装備しているため、急カーブを走行するNゲージ鉄道模型でありながら実感的な連結面間隔を実現しています。

さらに多くの房総地区で活躍する鉄道

フライホイール付モーターを搭載しており、小さいながらもスムーズな走行を楽しめます。またKATOは255系と共に房総地区の特急で活躍中の257系500番台をはじめ、京葉線のE233系5000番台、横須賀・総武快速線のE217系や113系、E259系と253系という新旧の成田エクスプレス等といった房総地区で活躍する車両を多数製品化しています。これらの車両で房総地区の鉄道の近年の姿をNゲージ鉄道模型で再現可能です。

KATO「255系」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「255系」だけでなく、KATO製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

マイクロエース製Nゲージ鉄道模型「キロ59・29 ふれあいSUN-IN リニューアル」レビュー

キロ59・29 ふれあいSUN-IN リニューアル

モデルキロ59・29 ふれあいSUN-IN リニューアル
メーカーマイクロエース
製品名キロ59・29 ふれあいSUN-IN リニューアル

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー マイクロエース モデル キロ59・29 ふれあいSUN-IN リニューアル
メーカー希望価格 17,820円(税別) 発売日 -

0120-945-991 買取価格を調べる

マイクロエースの歴史

マイクロエースは1996年に本格的に日本型Nゲージ鉄道模型に参入した有井製作所の鉄道模型ブラントでした。2004年に有井製作所による新設の子会社「株式会社マイクロエース」に鉄道模型部門が移管され、社名とブランド名がともにマイクロエースとなりました。マイクロエースのNゲージ鉄道模型の車両は比較的マイナーな形式が多く、それも特定の年代の特定の編成や仕様を再現したものが大半となっています。また車内の座席カバーへの色入れや床下機器への文字印刷を試みる等、細部に拘った製品が多く見られます。2005年からはHOゲージの車両の製品化にも進出しています。

大胆な塗装が話題に

「キロ59・29 ふれあいSUN-IN リニューアル」は、1986年に当時の国鉄米子鉄道管理局が導入したお座敷気動車「ふれあいSUN-IN」に対し、1994~95年に行われたリニューアル改造工事後の姿をモデル化したものです。同車は当時余剰車が多く発生していたキハ58系急行型気動車の改造により誕生しました。車内がお座敷に改造された他、車体にはクリーム色ベースに巨大なSUN-INの文字が描かれました。文字の色は日本海側が青、中国山地側がブルーでした。このような大胆な車体塗装は当時としては珍しく話題となりました。

リニューアルの姿を再現

リニューアル工事では、外部塗装に大きな変化はありませんでしたが、側面窓の固定化等が行われています。実車は2008年に引退しました。マイクロエース製Nゲージ鉄道模型「キロ59・29 ふれあいSUN-IN リニューアル」はこのようなリニューアル工事後の姿が的確に再現されています。「キロ59・29 ふれあいSUN-IN リニューアル」は実車通りの3両編成で、キロ59 506が動力車です。動力はフライホイール付モーターで小さいNゲージでありながらスムーズな走行を実現しています。

ライトの点灯も充実

「キロ59・29 ふれあいSUN-IN リニューアル」は3両ともヘッドライト、テールライトが点灯します。そのためどの車両が先頭に立ってもライトが点灯する姿を再現可能です。「キロ59・29 ふれあいSUN-IN リニューアル」は小さいNゲージでありながら細かい表記もシャープに再現されています。

マイクロエース「キロ59・29 ふれあいSUN-IN リニューアル」などのNゲージ買取なら
鉄道模型高く売れるドットコム!

「キロ59・29 ふれあいSUN-IN リニューアル」をはじめ、マイクロエースのNゲージを高価買取中。全国対応どこからでもお客様負担なしでご利用いただけます。お電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示している買取サービスです。

0120-945-991 買取価格を調べる

KATOのNゲージ鉄道模型「20系 寝台特急<あさかぜ>」のご紹介。

20系 寝台特急<あさかぜ>

モデル20系 寝台特急<あさかぜ>
メーカーKATO
製品名20系 寝台特急<あさかぜ>

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー KATO モデル 20系寝台特急「あさかぜ」
参考価格 ¥14,800+税 発売日 -

お持ちの鉄道模型は今いくら?
買取価格を調べる

KATOはNゲージ鉄道模型の総合メーカーである株式会社関水金属のブランド名です。KATOは1965年に国産初のNゲージ鉄道模型を販売しました。現在、KATOは車両、レール、制御機器、ストラクチャー等、Nゲージ鉄道模型を楽しむために必要な広範囲の製品を世に送り出しています。

あさかぜの歴史

KATOはNゲージ鉄道模型で「20系 寝台特急<あさかぜ>」を製品化しています。20系は1958年から1970年までに473両製造された初の固定編成の特急型客車です。20系は最初に投入された列車が東京・博多間を結ぶ特急「あさかぜ」であったことから「あさかぜ型客車」とも言われます。登場時は全車空調完備等といった豪華な設備から「走るホテル」とも呼ばれました。また車体塗装がブルーに白3本線である点から「ブルートレイン」という呼び方も生まれています。

最も豪華と呼ばれる車両

20系は本州・九州の寝台特急に続々と投入され、定期寝台特急では1980年まで活躍しました(最後は「あけぼの」です)。「あさかぜ」では1978年まで20系が使用されました。「20系 寝台特急<あさかぜ>」のモデルは1972年から1975年の間に使用された15両編成中6両が優等車(A寝台とグリーン車)という20系客車史上最も豪華と言われる編成です。その豪華さから「殿様あさかぜ」とも言われています。「20系 寝台特急<あさかぜ>」は基本セット8両と増結セット7両で構成され、両セットを組み合わせることで15両フル編成が再現できます。

安心できる牽引力

「20系 寝台特急<あさかぜ>」に含まれる車両ではカニとナシを除き、粉砕式汚物処理装置が再現されている他、カニ、ナロ、ナロネ21の座席の色もプラ整形色で再現されています。B寝台車は全て寝台がセットされた状態です。編成中の車両はKATOカプラーを標準装備し、実感的な連結面を実現しています。またモデルとなった編成を牽引した代表的な機関車であるEF65P型、EF30型、ED73-1000型もKATOからNゲージ鉄道模型で製品化されています。「20系 寝台特急<あさかぜ>」は15両という長編成ですが、いずれの機関車も充分な牽引力があり、スムーズな走行を楽しめます。

KATO「20系 寝台特急<あさかぜ>」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「20系 寝台特急<あさかぜ>」だけでなく、KATO製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

繊細に再現。KATOのNゲージ鉄道模型キハ82系

キハ82系

モデルキハ82系
メーカーKATO
製品名キハ82系 6両基本セット

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー KATO モデル キハ82系
参考価格 ¥16,000+税 発売日 -

お持ちの鉄道模型は今いくら?
買取価格を調べる

1960年にはじめてNゲージ鉄道模型を生産したKATO

国鉄キハ82系特急形気動車は、1961年から358両が製作された車両です。同じ特急形気動車で、キハ82系と混結出来た車両に、1960年から26両が製作された、通称キハ81系があり、これらを総称してキハ80系気動車と呼ぶ場合もあります。キハ82系は、キハ81系の抱えていた様々な問題点を改善したグループで、その安定した性能から、北は北海道から、南は九州まで、全国の非電化の幹線の各所で活躍しました。

30年以上続くロングセラー商品

本形式の代表的な車両である先頭車のキハ82は、大型の曲面ガラスを用いた優美なデザインです。その前頭部形状は後の1968年に登場したキハ181系に引き継がれた他、遥か時代を超えて2010年に登場したJR西日本キハ189系の造形デザインにも影響を与えています。

全国で活躍した貨車

KATOのNゲージ鉄道模型キハ82系は、その販売開始はこの形式が現役であった1975年にまでさかのぼります。当時はまだNゲージ鉄道模型そのものが黎明期で、最新のモデルに比べて素朴な造りの製品が多かったのですが、その中でもKATOが製作した本形式は、当時としては非常にリアリティ豊かであり、また、走行性能も、未だに現役で動かしているファンが居るなど、特筆に値する完成度と安定性を誇っていました。その後数回にわたるモデルチェンジを経て、細部に至るまでのディティール表現が改良され、動力も最新のフライホイール搭載の動力ユニットを内蔵するなど、走行性のさらなる改善が施されました。

積荷カバー付きの製品も発売予定

KATOのNゲージ鉄道模型キハ82系の最新モデルでは、ヘッドライト・テールライトの他、トレインマークも点灯式となっています。また、KATOのNゲージ鉄道模型ならではの伸縮密着自連形ボディマウントカプラーを装備し、確実な連結とリアルな連結間隔の実現を両立しています。KATOのNゲージ鉄道模型キハ82系は、キハ82の美しい前頭部形状を的確な造形で再現し、また、足回りにはスノープロウを装備して、引き締まった表情を表現しています。

KATO「キハ82系」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「キハ82系」だけでなく、KATO製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

河合商会Nゲージ鉄道模型タキ5450 クレハのご紹介

タキ5450 クレハ

モデルタキ5450 クレハ
メーカー河合商会
製品名タキ5450 クレハ

タイプ 鉄道模型 ゲージ Nゲージ
メーカー 河合商会 モデル タキ5450 クレハ
本体価格 4,752円 発売日 -

非常に精巧な作りが特徴

河合商会はプラモデルをはじめとするホビー商品を多く送り出してきたメーカーです。Nゲージ鉄道模型の分野では、河合商会は特に国鉄全盛期に活躍した貨車の多くを製品化し、豊富なラインナップを誇っていました。現在では河合商会の鉄道模型部門の多くがポポンデッタに引き継がれています。タキ5450 クレハは、タキ5450型貨車の呉羽化学工業所属車をNゲージ鉄道模型にモデル化したものです。日本国有鉄道や日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)以外が所有する貨車のため、私有貨車という位置づけになります。

銘板がエッジング製を添付

実車のタキ5450型貨車は1964年から1994年にかけて総数697両が製造された液化塩素専用の25トン積ボギータイプタンク車です。タンク体は高張力鋼製で、マンホール弁式ドーム付円筒形です。塗装は高圧ガス保安法の規定に従い黄1号となっています。タキ5450は呉羽化学工業をはじめとする多くの化学薬品を取り扱う企業より所有され、現在でもその数は減少傾向にありますが現役で活躍中です。

見た目は鮮やかな赤で、前頭車の翼は手動で開け閉めが可能

河合商会製Nゲージ鉄道模型タキ5450 クレハは、そんな多様な企業が所有する車両のうちの呉羽化学工業所属車をモデル化したものになります。菱形で囲まれたクレハマークが特徴です。タキ5450 クレハは、同一形式の同一企業所属車ですが手すりの形状などの細部に着目すればで複数種類に分類できます。

ナンバーはさまざまな便号に設定できる点が魅力

河合商会はそのうちの4種類をセットでモデル化しました。タキ5450 クレハは、タンク体をはじめとする主要な部分はプラスチック製ですが、手すりなどの一部は細い金属パーツが使用されています。手すりや梯子の一部には色差しがなされていて、実感的な外観となっています。タキ5450 クレハのカプラーはNゲージ鉄道模型の標準型であるアーノルドカプラーです。そのため、他社製でもアーノルドカプラー使用のNゲージ車両であればお互いに連結可能です。河合商会はタキ5450型貨車の他企業所属車についても製品化しています。

河合商会「タキ5450 クレハ」
の買取なら鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムは全国どこからでも高価買取致します。一台から大量まで一点一点丁寧に査定しており、お電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示。

0120-945-991 買取価格を調べる

KATO Nゲージ鉄道模型「トキ25000」のご紹介

トキ25000

モデルトキ25000
メーカーKATO
製品名トキ25000

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー KATO モデル トキ25000
参考価格 600円+税 発売日 -

お持ちの鉄道模型は今いくら?
買取価格を調べる

1960年にはじめてNゲージ鉄道模型を生産したKATO

現在、Nゲージ鉄道模型のブランドとして知られるKATOは、1960年に我が国ではじめてNゲージ鉄道模型の生産を開始しました。当時は関水金属(セキスイ)と呼ばれることが一般的でした。以来KATOは今日まで、鉄道模型の総合メーカーとして活躍を続けています。

30年以上続くロングセラー商品

KATO製Nゲージ鉄道模型トキ25000型貨車は、カトーが30年以上前から生産・販売を続けているロングセラー商品です。一貫して1両単品として販売されていますが、車番については生産時期により違いがあります。トキ25000型の古い設計ながらも現在の製品水準から見て見劣りしない外観は当時の技術力の高さを示しています。カプラーはNゲージ標準のアーノルドカプラー標準装備です。オプションパーツとして設定されているKATOカプラーNに交換することで、実感的な連結器形状・連結面間隔にすることができます。

全国で活躍した貨車

さて、実車のトキ25000型貨車は、戦後に量産されたトキ15000型(こちらもKATOからNゲージ鉄道模型として発売されています)の後継形式として、1966~1971年に製造された36トン積みボギータイプの無蓋貨車です。あおり戸と妻板は鋼製プレスで、台枠は魚腹型です。塗装は一部の特殊用途に使用される車両を除きとび色(国鉄の赤3号)です。4500両が製造され、国鉄時代は石炭・砂利・木材などのバルク貨物や産業用資材をはじめ、様々な貨物を積載する汎用貨車として全国で活躍しました。

積荷カバー付きの製品も発売予定

鉄道貨物輸送におけるコンテナ化の進展に加え、トラックや内航海運への輸送モードの転換により1980年頃から余剰気味になり廃車が進みました。JRには715両が継承されましたが、現在では少数が残るのみです。トキ25000の全盛期は国鉄時代の1970年代でした。なお、KATOはトキ25000をはじめ、各種の国鉄貨車をNゲージ鉄道模型で製品化しています。KATO製の貨車で国鉄時代に見られた雑多な車両を多数連結した昔懐かしい貨物列車を再現できます。トキ25000型については、長年変化のない製品でしたが、近年、シート状の積荷カバー付きの製品が新たに発売されています。

KATO「トキ25000」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「トキ25000」だけでなく、KATO製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

天賞堂の鉄道模型HOゲージC55形蒸気機関車のご紹介

C55形 蒸気機関車

モ デ ルC55形 蒸気機関車
メーカー天賞堂
製 品 名C55形 蒸気機関車

タイプ 鉄道模型 スケール HOゲージ
メーカー 天賞堂 モデル C55形 蒸気機関車
メーカー希望価格 ¥276,000 発売日 -

お持ちの鉄道模型は今いくら?
買取価格を調べる

C55形 蒸気機関車の特徴

国鉄C55形蒸気機関車は、1935年から1937年の間に製造された、急行旅客列車用の蒸気機関車です。軸配置は2C1のパシフィック形です。車体の組み立ては、それまでの蒸気機関車の標準であったリベット工法から、溶接工法を積極的に採用した工法に進化したことにより、スマートで美しい外観となりました。蒸気ドームと砂箱を同じケースに収め、運転台の前面には後退角が設定されました。動輪は大きなスポーク車輪で、強度の確保と合わせて繊細な機械の美しさを見せています。

全国各地に配置された車両

2次形と呼ばれる20号機から40号機までは、当初流線型の車体カバーを装備して登場しましたが、保守上の問題があったため、後に、他のC55形と同じく、流線型のカバーを外された状態となりました。2次型は1次型同様、四国を除く全国に配置されました。東海道本線では臨時特急「燕」の牽引に当たったこともあります。

2つのタイプの説明

天賞堂のHOゲージ鉄道模型C55形は、北海道タイプと呼ばれるC55形50号機と、九州タイプと呼ばれるC55形52号機を模型化しています。北海道タイプは密閉型のキャブを採用し、急行列車や普通列車の牽引にあたりました。天賞堂のHOゲージ鉄道模型C55形は2種類あります。九州タイプは吉松・若松機関区に配置されていた時期のスタイルを再現したもので、小倉工場製の切り欠きのある除煙板「門鉄型デフレクター」を装備しているため、軽快な独特のシルエットとなっています。

芸術的な仕上がり

50号機、52号機とも、天賞堂のHOゲージ鉄道模型の中でも最も高級とされる、真鍮製パーツを手作業で組み立てた車体に、ロストワックスで作った精密なパーツを、手作業でハンダ付けしています。その仕上がりは芸術品級とも言われ、天賞堂のHOゲージ鉄道模型は、高級な鉄道模型の代名詞として、その名を海外にまで轟かせています。天賞堂のHOゲージ鉄道模型には、真鍮製モデルだけでなく、コストを抑えつつも天賞堂の精密加工技術を惜しみなく投入したダイキャスト製モデルやプラスティック製モデルもあります。しかしながら天賞堂真鍮製モデルの高貴とさえ言える存在感は、多くの鉄道模型ファンの憧れとなっています。

天賞堂「C55形 蒸気機関車」の買取なら
鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは、天賞堂「C55形 蒸気機関車」をはじめ、天賞堂の鉄道模型なら何でも高価買取中です。
全国どこでも対応可能で、お客様負担一切なし。お電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しておりますので、1台から複数台までお任せください。

0120-945-991 買取価格を調べる

ワールド工芸製Nゲージ鉄道模型「国鉄 C53形 後期型」のご紹介

国鉄 C53形 後期型 川崎車輌製 蒸気機関車

モデル国鉄 C53形 後期型 川崎車輌製 蒸気機関車
メーカーワールド工芸
製品名国鉄 C53形 後期型 川崎車輌製 蒸気機関車

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー ワールド工芸 モデル 国鉄 C53形 後期型 川崎車輌製 蒸気機関車
メーカー希望価格 102,600円 発売日 2015年6月下旬

お持ちの鉄道模型は今いくら?
買取価格を調べる

ワールド工芸の特徴

ワールド工芸は国鉄の旧型電気機関車や蒸気機関車を中心に数多くのNゲージ鉄道模型製品を送り出して来ました。殆どの製品が特定時代の特定ナンバーの仕様を忠実に再現したものです。ワールド工芸のNゲージ鉄道模型製品は車両によりキットと塗装済完成品の両方があります。モーターは独自開発のものを搭載する事が多く、小さいNゲージ鉄道模型ですが、実車の形態や雰囲気を崩さず製品化しています。ワールド工芸の製品は真鍮やホワイトメタルを中心とした金属製です。

シャープな仕上がりを見せるモデル

製品はエッチング加工を多用したシャープな仕上がりです。職人による手作業の集合体のような構成で、いずれの製品も基本的に少量生産となっています。さてワールド工芸製Nゲージ鉄道模型「国鉄 C53形 後期型 川崎車輌製 蒸気機関車」はC53のうちの後期型の川崎車輛製造分の大鉄型(大阪鉄道管理局)のデフを装備したタイプをモデル化したものです。後期型に属するナンバーは43-97号機です。モデルはこのうちの汽笛がスチームドーム脇に付けられた57号機以降のグループで、川崎車輛製は60-70、81-90号機が該当します。モデルは塗装済完成品です。

実車にこだわりのある国鉄 C53形

このようにワールド工芸製「国鉄 C53形 後期型 川崎車輌製 蒸気機関車」は実車に非常に拘った仕上がりです。なお、実車のC53型蒸気機関車は国鉄の前身である鉄道省が開発した3シリンダー型のテンダー式蒸気機関車です。1928~1929年の間に97両が製造されました。C53型機関車は、客車の車体の木造から鋼製への変更に伴い増加する列車重量に対応する為に開発されました。戦前は当時の新型客車を連ねた特急・急行列車の牽引機として活躍しました。

戦前の姿を再現

しかし、複雑な構造と戦時期の酷使の影響で、1948~1950年にかけて廃車が進み、全廃されました。Nゲージ鉄道模型「国鉄 C53形 後期型 川崎車輌製 蒸気機関車」は、このようなC53型機関車のうちの1929年川崎車輛製をモデル化しています。「国鉄 C53形 後期型 川崎車輌製 蒸気機関車」はC53の中では一般的な大鉄デフです。「国鉄 C53形 後期型 川崎車輌製 蒸気機関車」は、戦前の優等列車の再現には不可欠な機関車です。

ワールド工芸「国鉄 C53形 後期型 川崎車輌製 蒸気機関車」のNゲージの買取なら
鉄道模型高く売れるドットコム!

「国鉄 C53形 後期型 川崎車輌製 蒸気機関車」をはじめ、ワールド工芸のNゲージを高価買取中。全国対応どこからでもお客様負担なしでご利用いただけます。お電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示している買取サービスです。

0120-945-991 買取価格を調べる

KATOのNゲージ鉄道模型EF65 1000 後期形の商品レビュー

EF65 1000 後期形

モデルEF65 1000 後期形
メーカーKATO
製品名EF65 1000 後期形

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー KATO モデル EF65 1000 後期形
参考価格 7,000円+税 発売日 -

お持ちの鉄道模型は今いくら?
買取価格を調べる

EF651000番台の特徴

EF65形1000番台は、1965年に国鉄が製造した直流形電気機関車EF65形の、マイナーチェンジバージョンで、1969年から製造されました。外見上の相違点として、1000番台は500番台の塗装を引き継ぎつつ前面に貫通扉が配置されたことで、それまでのEF65形とはひと味違った表情となりました。

多くのファンから熱い視線を集めた機関車

「EF65 1000 後期形」とは、7次車と呼ばれる1093号機以降のEF65形の通称です。7次車は下関運転所・東京機関区・新鶴見機関区に配置されました。7次車以降のEF65形は、1970年代のいわゆる「ブルートレインブーム」の際、東京と九州を結ぶ夜行寝台特急列車の牽引を担当していました。このため多くのファンから熱い視線を注目を集めていた機関車です。「さくら」「富士」「はやぶさ」といった伝統的な愛称のヘッドマークも輝かしく、夜の東海道本線・山陽本線を疾走していた本機は、まさに花形とも言うべき存在でした。

夜行寝台特急列車の牽引

細部にまで行き届いたこだわり

KATOのNゲージ鉄道模型EF65 1000 後期形は、このEF65形の7次車をスケールダウンしたモデルです。車番は東京機関区に所属していた1093、1095、1100、1103から選択可能です。KATOのNゲージ鉄道模型EF65 1000 後期形には、「さくら」と「みずほ」のヘッドマークが添付されています。KATOのNゲージ鉄道模型EF65 1000 後期形は、連結器周りの解放テコ、前面手すり、ホイッスル、1端側ジャンパ栓を、それぞれ別パーツで表現して取り付けており、細部までこだわり抜いたディティールが味わえます。

単機でも力強い走りを実現

KATOのNゲージ鉄道模型EF65 1000 後期形は、フライホイールに加えてサスペンションを装備した動力ユニットを内蔵しています。このため、室内灯付き客車の長大編成であっても、単機で力強く安定して牽引することが出来ます。夜行列車の再現に欠かせない本機だけに、長編成の室内灯付き客車に余裕を持って対応出来る本製品はとても心強く、KATOならではの秀逸かつ安定した、品質の高いNゲージ鉄道模型に仕上がっています。

KATO「EF65 1000 後期形」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「EF65 1000 後期形」だけでなく、KATO製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

TOMYTEC Nゲージ鉄道模型鉄道コレクション「富山地方鉄道 10030形」ご紹介

富山地方鉄道 10030形

モデル富山地方鉄道 10030形
メーカーTOMYTEC
製品名富山地方鉄道 10030形

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー TOMYTEC モデル 富山地方鉄道 10030形
参考価格 6,400円 発売日 -

0120-945-991 買取価格を調べる

富山地方鉄道で活躍する鉄道

鉄道コレクション 富山地方鉄道 10030形のモデルとなった富山地方鉄道 10030形電車は、1990年から富山地方鉄道で活躍している電車です。この車両は元は京阪電鉄の特急用車両3000系で、富山地方鉄道に転出するに際し、線路幅の相違に対応するための改造を受けました。その結果、もっとも変化が大きかったのが足回りです。1435mm軌間の京阪3000系を、1067mm軌間の富山地方鉄道で運用するため、同じ1067mm軌間である東京メトロ(営団)から3000系電車の足回りを導入して設置し、後には、やはり1067mm軌間であるJRから485系特急形電車の廃車発生品の供給を受け、床下機器を485系由来の部品に入れ換えました。

地方により異なる塗装

TOMYTECNゲージ鉄道模型鉄道コレクション 富山地方鉄道 10030形でも、そのディティールは十分に再現されています。その他の外見上の変化としては、塗装の変更が上げられます。赤と黄色に塗り分けられていた京阪3000系ですが、富山地方鉄道では黄色と緑の塗り分けとなっています。車内設備は転換式クロスシートで、京阪時代の雰囲気を濃厚に残していますが、富山地方鉄道の優秀なメンテナンスにより、座席のモケットは順次、新しいものに張り替えられています。

手ごろでバラエティ豊かなコレクション

TOMYTECNゲージ鉄道模型鉄道コレクション 富山地方鉄道 10030形は、10030形の第3編成をプロトタイプとして模型化した製品です。第3編成は台車を元JR485系のDT32系列に履き替えています。TOMYTECのNゲージ鉄道模型鉄道コレクションといえば、手頃な価格でバラエティ豊かな車両がコレクション出来ることも魅力の一つですが、別売りの動力TMー06Rと、走行用パーツセットTT-04Rを取り付けるとNゲージの線路上で走行を楽しむことが出来ます。

飾っても走らせても楽しい車両

TOMYTECのNゲージ鉄道模型鉄道コレクション 富山地方鉄道 10030形は、2両で一セットで、実車と同じ編成を再現しています。TOMYTECNゲージ鉄道模型鉄道コレクション 富山地方鉄道 10030形は、手軽な価格で、飾ってもよし、走らせてもよしという楽しい製品となっています。

TOMIX「ED75-300形電気機関車」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「ED75-300形電気機関車」だけでなく、TOMIX製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

TOMIXのNゲージ鉄道模型国鉄 ED75-300形電気機関車のご紹介

国鉄 ED75-300形電気機関車

モデル国鉄 ED75-300形電気機関車
メーカーTOMIX
製品名国鉄 ED75-300形電気機関車

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー TOMIX モデル JR 381系特急電車(くろしお)基本セット
参考価格 6,400円 発売日 -

0120-945-991 買取価格を調べる

活躍の幅が広い車両

ED75形は、国鉄が1963年から製造した交流電気機関車です。ED75形は交流電気機関車の特性を活かして高い粘着力を誇り、マイナーチェンジを繰り返しながら増備が重ねられました。その活躍場所は北海道から九州まで、全国の交流区間のあらゆるところで見られ、国鉄の交流電気機関車の「標準」的な位置づけとなっていました。
国鉄 ED75-300形電気機関車(ED75形300番台)は、交流60Hz、気候温暖、という条件の九州に向けてに製造されたED75形で、1965年に製造されました。

旅客用としても活躍

ブルートレインの牽引も担う

ブレーキ増圧装置を搭載したほか電磁ブレーキにも対応し、高速貨物列車の牽引にあたりました。また、旅客用としても活躍し、九州内でブルートレインを牽引していた時期もあります。後に九州ではED76形が製造され、ED76形の増備に従ってこちらが主流となり、国鉄 ED75-300形電気機関車は、1986年3月に引退しました。

九州らしい顔つきを再現

TOMIXのNゲージ鉄道模型国鉄 ED75-300形電気機関車は、前面窓に庇がなく、スノープロウを装備していない、九州らしいEF75形の顔つきを、リアルな造形で再現しています。スプリングカバーのないパンタグラフやスカートは新規製作、スノープロウなしのカプラーカバーも新規製作となっており、TOMIXのNゲージ鉄道模型に対するこだわりが表現されています。また、ボックス輪心付き銀色車輪採用で引き締まった足回りとなっています。

ライホイール付動力

別パーツや動力のこだわり

TOMIXのNゲージ鉄道模型国鉄 ED75-300形電気機関車は、前面手すりは別パーツ付属、解放テコは別パーツ取り付け済みで、シースルー構造の運転台とともに、細部まで緻密に実車を再現しています。TOMIXのNゲージ鉄道模型国鉄 ED75-300形電気機関車は、ヘッドライトは常点灯基板を装備しており、停止時の点灯を実現しています。重連に備えて、ヘッドライトは消灯することも出来ます。動力はTOMIXのNゲージ鉄道模型で定評のあるフライホイール付動力を採用しており、短編成から長大編成まで滑らかでパワフルな運転が楽しめます。また、ヘッドマークは「あかつき」「みずほ」「明星あかつき」が付属しています。

パワフルな運転

TOMIX「ED75-300形電気機関車」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「ED75-300形電気機関車」だけでなく、TOMIX製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

TOMIXのNゲージ鉄道模型JR 381系特急電車(くろしお)基本セットのご紹介

JR 381系特急電車(くろしお)基本セット

モデルJR 381系特急電車(くろしお)基本セット
メーカーTOMIX
製品名JR 381系特急電車(くろしお)基本セット

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー TOMIX モデル JR 381系特急電車(くろしお)基本セット
参考価格 18,200円 発売日 -

0120-945-991 買取価格を調べる

乗り心地の安定性を実現

381系特急電車は、急曲線を高速で通過しても乗り心地を悪化させない車体傾斜装置を装備した特急形電車で、国鉄時代の1973年に開発され、JRに引き継がれました。381系電車は最初中央西線の「しなの」に投入され、その成功を元に、紀勢本線「くろしお」に、1978年に投入されました。

車体傾斜装置を装備

様々な改造や工夫が施された車両

JR化に際しては全ての381系電車がJRに引き継がれましたが、より魅力的な特急列車とするために改造が行われ、パノラマ展望が楽しめるグリーン車の導入やインテリアの改装がなされました。紀勢本線「くろしお」においては、1998年に、車体外装の色も変更され、青い海をイメージさせる爽やかな外観となりました。「くろしお」では、2015年10月をもって381系電車の使用が停止され、現在では283系電車、287系電車が後任に当たっています。

JR化後の塗装で「くろしお」を再現

TOMIXのNゲージ鉄道模型JR 381系特急電車(くろしお)基本セットは、JR化後かつ塗装変更後の「くろしお」の姿を再現しています。基本セットとして、パノラマ展望式のグリーン車クロ380を含む6両がセットされています。ヘッドライト・テールライトは電球色LEDによる点灯で常点灯対応基板に対応しています。常点灯対応のパワーパックと組み合わせることで、停止時の点灯を実現します。TOMIXのNゲージ鉄道模型JR 381系特急電車(くろしお)基本セットは、フラットな屋根をグレーで表現し、その独特なフォルムをリアルに再現しています。

増結セットで広がる楽しみの幅

TOMIXのNゲージ鉄道模型JR 381系特急電車(くろしお)基本セットの車番とグリーン車マークは転写式で、JRマークは印刷済みです。TOMIXのNゲージ鉄道模型JR 381系特急電車(くろしお)基本セットは、JR 381系特急電車(くろしお)増結セットを追加すると、基本編成に増結編成を加えた9両編成の「スーパーくろしお」が再現できます。TOMIXのNゲージ鉄道模型JR 381系特急電車(くろしお)基本セットは、TOMIXの新集電システムに、定評あるフライホイール付動力を搭載しており、滑らかで安定した運転を堪能することが出来ます。

TOMIX「JR 381系特急電車(くろしお)」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「JR 381系特急電車(くろしお)」だけでなく、TOMIX製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

TOMIXのNゲージ鉄道模型国鉄キハ55形ディーゼルカーのご紹介

国鉄キハ55形ディーゼルカー

モデル国鉄キハ55形ディーゼルカー
メーカーTOMIX
製品名国鉄キハ55形ディーゼルカー

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー TOMIX モデル 国鉄キハ55形ディーゼルカー
参考価格 9,500円 発売日 -

0120-945-991 買取価格を調べる

国鉄初の「準急形」気動車

国鉄キハ55形ディーゼルカーは、国鉄初の「準急形」気動車として、1956年から1960年にかけて製造されました。その最大の特徴は、当時まだ主流であった蒸気機関車牽引の列車を性能面で凌駕し、車体幅や座席の構造なども蒸気機関車牽引の列車と同等以上の水準としたことです。全長21.3メートルという当時最大の車体長と2800mmの広幅車体は、当時まだ黎明期であった軽量化技術をふんだんに盛り込むことで実現し、走行性能の向上と接客設備の改良を両立させました。

めざましい走行性能

キハ55形のほか、走行用エンジンを1基としたキハ26形、回転式クロスシートを備えた1等車(のちにグリーン車)のキロ25形などがあり、それらの総称としてキハ55系と呼ばれることもあります。走行用エンジンを2基備えたキハ55形の走行性能は、当時としてはめざましいと言うべきもので、特に勾配の多い路線で、スピードアップと無煙化による環境改善に貢献しました。

精密に再現された「急行色」

TOMIXのNゲージ鉄道模型国鉄キハ55形ディーゼルカーは、このキハ55系の中でも中心となる形式キハ55形を、Nゲージ鉄道模型で精密に再現した製品です。TOMIXのNゲージ鉄道模型国鉄キハ55形ディーゼルカーは、セットと単品の製品があります。セットはキハ55形の動力付きと動力なしの2両組みで、一般的な一段上昇窓を備えたタイプと、「バス窓」と通称された上段固定・下段上昇の二段窓を備えたタイプがあります。どちらもクリーム地に窓周りを朱色に彩った「急行色」を再現しています。

なめらかな運転を楽しめる車両

TOMIXはキハ55系の単品にも力を入れており、キハ55系のほぼ全てのバリエーションを単品で揃えています。TOMIXのNゲージ鉄道模型国鉄キハ55形ディーゼルカーはハイグレード仕様です。スノープロウや信号炎管ライナーなどを別パーツとして緻密に再現し、ボディマウントTNカプラーは実感を損なうことなく確実な連結を実現しています。TOMIXのNゲージ鉄道模型国鉄キハ55形ディーゼルカーは、TOMIXのキハ10系で好評であった小型モーター内蔵のフライホイール付き動力を採用し、スローから滑らかな滑り出しで運転が楽しめます。

TOMIX「国鉄キハ55形ディーゼルカー」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「国鉄キハ55形ディーゼルカー」だけでなく、TOMIX製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

TOMIXの鉄道模型Nゲージ国鉄 103系通勤電車のご紹介

国鉄 103系通勤電車

モデル国鉄 103系通勤電車
メーカーTOMIX
製品名国鉄 103系通勤電車(高運転台ATC車・スカイブルー)

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー TOMIX モデル 国鉄 103系通勤電車
参考価格 16,000円 発売日 -

0120-945-991 買取価格を調べる

長きにわたり京浜東北線の顔として活躍

国鉄 103系通勤電車(高運転台ATC車・スカイブルー)は、1963年に登場して1984年までの21年間に合計3447両が製造された「国鉄103系通勤電車」の中でも、京浜東北線でのATC運用開始に対応するために1974年から製造されたグループです。
このグループの特徴として、運転台が高運転台となり、前面窓の下にステンレス製の飾り帯が配置されています。1993年に209系電車に置き換えられるまで長きにわたって活躍し、京浜東北線の「顔」として親しまれていました。

定評のあるフライホイール付き動力採用

TOMIXの鉄道模型Nゲージ国鉄 103系通勤電車(高運転台ATC車・スカイブルー)は、このATCに対応した京浜東北線仕様の103系を1/150スケールで再現したセットです。TOMIXのNゲージ鉄道模型国鉄 103系通勤電車(高運転台ATC車・スカイブルー)の「基本セット」は高運転台形のクハ103形2両に、側面窓をユニットサッシとした中間車モハ103形・モハ102形をセットしています。

別売りで、モハ103形とモハ102形のユニットをセットした「増結セット」があり、増結セット2組と、「サハ103形」の単品を2両加えることによって、京浜東北線の10両編成を再現します。TOMIXのNゲージ鉄道模型国鉄 103系通勤電車(高運転台ATC車・スカイブルー)「基本セット」のモハ102形にはTOMIXのNゲージ鉄道模型で定評のあるフライホイール付き動力を組み込み、10両フル編成でも余裕のある安定した走行性が楽しめます。

ハイグレードタイプの詳細

TOMIXのNゲージ鉄道模型国鉄 103系通勤電車(高運転台ATC車・スカイブルー)は、ハイグレードタイプのモデルです。信号炎管、無線アンテナ(細)、行先表示、運行番号表示、ジャンパ栓とホース、排障器が別パーツで付属し、細部のリアリティにこだわった造り込みとなっています。
車番とJRマークは選択式で、転写シートから自由に選択できます。ヘッドライトは電球色LEDで、103系のヘッドライトが懐かしさを感じさせます。

TOMIX「国鉄 103系通勤電車」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「国鉄 103系通勤電車」だけでなく、TOMIX製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

TOMIXのNゲージ鉄道模型JR EH800形 電気機関車のご紹介。

JR EH800形 電気機関車

モデルJR EH800形 電気機関車
メーカーTOMIX
製品名JR EH800形 電気機関車

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー TOMIX モデル JR EH800形 電気機関車
参考価格 10,800円 発売日 -

0120-945-991 買取価格を調べる

北海道新幹線開業にあたり活躍した車両

JR EH800形 電気機関車は、北海道新幹線開業にあたって新幹線・在来線併用区間となる青函トンネルで、在来線直通の貨物列車を牽引するための交流電気機関車です。在来線への対応としては、在来線規格の軌間(1067mm)と車体幅、架線電圧20000Vの電源に対応し、新幹線への対応としては、新幹線仕様のATCを搭載し、架線電圧25000Vの電源に対応しています。
2012年に試作車が、2014年からは量産車が、それぞれ製造されています。車体はEH500形をベースとした二車体連結構造で、8つの動軸を持つH級の電気機関車です。交流25000V環境下において4000kw、交流20000V環境下において3040kwの出力を確保しています。この性能は青函トンネル内において1000tの貨物列車を牽引することを念頭に設定されたものです。

力強い印象を受けるモデル

TOMIXのNゲージ鉄道模型JR EH800形 電気機関車は、シャープで力強い印象のシルエットをよく捉え、かつ、隅々のディティールにもこだわった造りとなっています。
定評あるTOMIXのNゲージ鉄道模型用フライホイール付き動力を内蔵し、全軸集電、全軸駆動によって、滑らかかつ力強い走行性を実現しています。TOMIXのNゲージ鉄道模型JR EH800形 電気機関車は、特徴ある車体を新規製作としたほか、運転台をシースルー構造としてリアリティを追及しています。

別部品として細部まで作りこまれた仕様

TOMIXのNゲージ鉄道模型JR EH800形 電気機関車は、解放テコ、前面手すり、ホイッスル、信号炎管、静電アンテナを、それぞれ別部品として、細部まで緻密に作り込みがなされています。側面にはJR貨物の大きなロゴマークや特徴ある側面の波模様を印刷で表現している他、エンド表記も印刷済みとなっています。
TOMIXのNゲージ鉄道模型JR EH800形 電気機関車のパンタグラフは、この形式のためにFPS6形パンタグラフを新規製作しています。ナンバーはEH800-1・2・3・4の4種類から選択可能です。車輪は銀色車輪・灰色プレート輪心で、実車の引き締まった足回りをリアルに再現しています。

TOMIX「JR EH800形 電気機関車」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「JR EH800形 電気機関車」だけでなく、TOMIX製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

KATOのNゲージ鉄道模型285系0番台「サンライズエクスプレス」レビュー

鉄道模型高く売れるドットコムが運営する鉄道模型レビュー

モデル285系0番台「サンライズエクスプレス」
メーカーKATO
製品名285系0番台「サンライズエクスプレス」

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー KATO モデル 285系0番台「サンライズエクスプレス」
メーカー希望価格 19,440円 発売日 -

0120-945-991 買取価格を調べる

山岳線向けの貨物列車用直流電気機関車

285系「サンライズエクスプレス」 は、JR西日本とJR東海の共同開発により、1998年に登場しました。運転区間は東京ー出雲市の「サンライズ出雲」と、東京ー高松の「サンライズ瀬戸」の2ルートがあり、うち東京ー岡山は「サンライズ出雲」と「サンライズ瀬戸」が併結されて走ります。それまでの寝台列車が「夜」をイメージするブルーを基調としたエクステリアであったのに対して、285系は赤とクリーム色をベースに「朝」をイメージさせるものになっています。
これは「サンライズエクスプレス」の命名が「さわやかな朝、新しい一日のはじまり」をコンセプトとしていることに由来します。285系には、JR西日本所有の0番代と、JR東海所有の3000番台があり、車両機器や性能は同一です。

長い全長、大出力

KATOのNゲージ鉄道模型285系0番台「サンライズエクスプレス」(JR西日本仕様)は、285系0番台を1/150で忠実に再現したセットです。KATOのNゲージ鉄道模型には、285系0番台「サンライズエクスプレス」(JR西日本仕様)の他に、別のセットとして、285系3000番台「サンライズエクスプレス」(JR西日本仕様)があります。この2つのセットの相違は、書体の異なる車番表記や、わずかに異なる床下機器などですが、KATOは、これらを的確に作り分けています。

より細やかな部分も追求されたモデル

KATOのNゲージ鉄道模型285系0番台「サンライズエクスプレス」(JR西日本仕様)は、オールダブルデッカー独特の背の高い大きなボディの全体感を捉えつつ、屋根上に配置されたクーラーや抵抗器等の機器を精密に再現しています。
また、KATOのNゲージ鉄道模型285系0番台「サンライズエクスプレス」(JR西日本仕様)は、先頭部のサンライズマークを美しく鮮やかに仕上げ、車番は印刷済み、行き先表示はシールから選択式となっています。KATOのNゲージ鉄道模型285系0番台「サンライズエクスプレス」(JR西日本仕様)の連結面にはジャンパ管付KATOカプラー密連形を採用し、リアルな連結間隔を再現します。

KATOの鉄道模型「285系0番台「サンライズエクスプレス」(JR西日本仕様)」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムではKATO「285系0番台「サンライズエクスプレス」(JR西日本仕様)」に限らず鉄道模型グッズも高価買取致します。レール・ジオラマ素材ももちろん大歓迎です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

TOMIXが新設計!広島を疾走する姿を再現できるNゲージ鉄道模型 JR 227系近郊電車

JR 227系近郊電車

モデルJR 227系近郊電車
メーカーTOMIX
製品名JR 227系近郊電車

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー TOMIX モデル JR 227系近郊電車
参考価格 13,400円 発売日 -

0120-945-991 買取価格を調べる

広島の街を疾走する姿を忠実に再現

JR 227系近郊電車は、TOMIXが新規設計したNゲージ鉄道模型です。JR 227系近郊電車は、JR西日本が広島地区を中心に運行している車両で、快速電車や普通電車として通勤通学に利用されています。TOMIXは、2015年から投入された新型車両JR 227系近郊電車をNゲージ鉄道模型化に成功、広島の街を疾走する姿を忠実に再現しました。
新型車両のNゲージ鉄道模型は、何両もの車両を連ねて走ることを前提に設計、実際の運行車両を再現するためクモハ227・モハ226・クモハ226の3車両を1つのセットにしています。

TOMIXの意気込みが伝わるデザイン

この3車両セットは広島方面や糸崎・三原広・呉方面で実際運行されている普通車両になります。また、岩国・糸崎方面に運行されている快速電車は8車両なので、3つのセットの前にクモハ277・クモハ226、後ろにクモハ277・モハ226・クモハ226の連結可能、新規設計を決断したTOMIXの意気込みが伝わってくる内容です。

TOMIXは、Nゲージ鉄道模型化する際にデザインにも力を入れました。JR 227系近郊電車のフロントの少しつり上がった丸目、操縦席のフロントガラス下の広島市シティーネットワークのロゴマーク・レッドウイング、口を結んだような連結部、レール上の障害物から車輪を守るカバーなど細かい部分まで再現しています。車両サイドの前後部にある屋根から床まで届く太く赤いラインがメタリックカラー車両のアクセントになっています。車軸部分は銀色を採用、実際にJR 227系近郊電車から感じられるシャープやスマートもしっかりと演出しています。

スペック情報

TOMIXNゲージ鉄道模型JR 227系近郊電車のスペックは、オンオフスイッチ付きのLEDヘッドテールライト常点灯基板装備、レール上の高速・低速走行時にもスムーズなフライホイール付き動力を搭載、転落防止線や方向幕などのランナーパーツ、幌枠パーツが2つ、転写シートなどが付属しています。

TOMIX「JR 227系近郊電車」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「JR 227系近郊電車」だけでなく、TOMIX製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

TOMIXのNゲージ鉄道模型 JR キハ261-1000系のレビュー

鉄道模型高く売れるドットコムが運営する鉄道模型レビュー

モデルJR キハ261-1000系特急ディーゼルカー(スーパーとかち)
メーカーTOMIX
製品名JR キハ261-1000系特急ディーゼルカー(スーパーとかち)

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー TOMIX モデル JR キハ261-1000系特急ディーゼルカー(スーパーとかち)
参考価格 17,600円 発売日 -

お持ちの鉄道模型は今いくら?
買取価格を調べる

様々な場所で活躍した車両

キハ261系1000番台は、1998年に宗谷本線に投入されたキハ261系(0番台)の基本構造を受け継ぎつつ、石勝線・根室本線向けのブラッシュアップを行った特急形ディーゼルカーで、2006年から札幌ー帯広間の特急「スーパーとかち」として運用されています。
0番台と1000番台の違いは、改良型エンジンの搭載によって有害物質の排出量を減らしているほか、外観も変更されました。車体構造が見直され、先頭形状がよりシャープで鋭角的なデザインになったほか、車体側面はビード加工をやめてダルフィニッシュ仕上げの平板とするなど、よりスマートになりました。

寝台特急ブルートレインの再現も可能

TOMIXのNゲージ鉄道模型限定品 JR キハ261-1000系特急ディーゼルカー(スーパーとかち)は、261系1000番台「スーパーとかち」の6両編成を再現するセットです。TOMIXの発売するNゲージ鉄道模型「キハ261系1000番台」には、基本セット・増結セットとして販売されている製品もあり、これらを組み合わせても261系1000番台の6両編成は組めますが、この限定品 JR キハ261-1000系特急ディーゼルカー(スーパーとかち)では、車番を特定することによって小窓の有無を作り分けるなど、細部のディティールにこだわった特別に緻密なセットになっています。
限定品 JR キハ261-1000系特急ディーゼルカー(スーパーとかち)の、編成全体のプロポーションをうまく捉えつつ細部にも徹底的にこだわったディティールの造り込みは、TOMIXのNゲージ鉄道模型ならではの高い完成度です。

16番 国鉄客車のセット内容

TOMIXのNゲージ鉄道模型限定品 JR キハ261-1000系特急ディーゼルカー(スーパーとかち)は、トレインマーク「スーパーとかち」を印刷済みで、カラープリズムの採用で白色に点灯します。側面の「Tilt261」のロゴマークやグリーン車のマークは印刷済みです。
このTOMIXのNゲージ鉄道模型限定品 JR キハ261-1000系特急ディーゼルカー(スーパーとかち)は、新集電システムとフライホイール付き動力の組み込みによって安定した滑らかな走行が楽しめます。

TOMIX「JR キハ261-1000系特急ディーゼルカー(スーパーとかち)」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「JR キハ261-1000系特急ディーゼルカー(スーパーとかち)」だけでなく、TOMIX製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

TOMIX16番 国鉄客車 オハネ15形鉄道模型HOゲージに関する紹介

JR キハ261-1000系特急ディーゼルカー(スーパーとかち)

モデル16番 国鉄客車 オハネ15形
メーカーTOMIX
製品名16番 国鉄客車 オハネ15形

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー TOMIX モデル JR キハ261-1000系特急ディーゼルカー(スーパーとかち)
参考価格 7,992円 発売日 -

0120-945-991 買取価格を調べる

様々な場所で活躍した車両

16番 国鉄客車 オハネ15形TOMIX鉄道模型HOゲージは、14系14型寝台車の製造が中止された後、防火安全対策を強化(ハロン式自動消火装置追加、地下鉄車両向けのA-A基準に準拠して製造)された14系寝台車15形(国鉄時代は関西と九州の間を結んでいた「あかつき」、「彗星」、「明星」などで活躍し、国鉄民営化以降は、東京と九州の間を結んでいた「富士」・「はやぶさ」でも運用され、活躍しました)を、TOMIXが16番 国鉄客車 オハネ15形としてHOゲージで再現した鉄道模型です。

寝台特急ブルートレインの再現も可能

車両の帯は白です。重さは301グラムです。16番 国鉄客車 オハネ15形TOMIX鉄道模型HOゲージの基本セットは、スハネフ2両、オハネ2両の4両で、増結用にオハネ15が単品で発売されています。トレインマークは白色LEDによる実感的な点灯が再現されています。スハネフ15はダクトありのオリジナルスタイル、スハネフ・オハネともに洗面所窓のある姿を再現しています。また、JRマーク、車番などの転写シートも付属しています。
14系15型の牽引機関車として、ED76やEF66の鉄道模型も、HOゲージで、TOMIXから売っていますので、16番 国鉄客車 オハネ15形をセットで購入し、かつこれらの機関車も一緒に購入すれば、かつて日本で運行されていた寝台特急ブルートレインの姿を再現することもできます。

16番 国鉄客車のセット内容

16番 国鉄客車 オハネ15形TOMIX鉄道模型HOゲージは、セット(4両編成)でも購入できますし、単品(スハネ15)でも購入できます。16番 国鉄客車 オハネ15形TOMIX鉄道模型HOゲージの車両の素材は、ABS(アクリロニトリルブタジエンスチレン)、PS(ポリスチレン)、POM(ポリアセタール)の三種類からなっています。
さらに、完成品として販売されているので、部品から組み立てたり塗装したりする手間は不要です。

TOMIX「16番 国鉄客車 オハネ15形」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「16番 国鉄客車 オハネ15形」だけでなく、TOMIX製のHOゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

TOMIXのNゲージ鉄道模型「箱根登山鉄道 3000形 アレグラ号」レビュー

箱根登山鉄道 3000形 アレグラ号

モデル箱根登山鉄道 3000形 アレグラ号
メーカーTOMIX
製品名箱根登山鉄道 3000形 アレグラ号

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー TOMIX モデル 箱根登山鉄道 3000形 アレグラ号
参考価格 11,340円 発売日 -

0120-945-991 買取価格を調べる

愛称「アレグラ」を持つ車両

箱根登山鉄道 3000形 アレグラ号は、2014年11月に登場した電車です。箱根登山鉄道としては25年ぶりの新型車両
です。1両単位で運用できる設計となっており、繁忙期の2両編成の列車を3両編成に増強する目的で増備されました。愛称の「アレグラ」は、スイスで使用されるロマンシュ語の「挨拶」を意味する言葉です。これは姉妹鉄道提携を結んでいるスイスのレーティッシュ鉄道にちなんで命名されました。その車体は日本の伝統色であるバーミリオン(朱色)を基調とし、大きな前面ガラスと相まって、全長わずか15mの小型車ながら堂々たる存在感を示しています。

室内灯にLEDを使用

客室内には、良好な展望の確保や、くつろぎ感の演出といった、観光列車としてより魅力的となるようなデザイン設計を施しています。箱根登山鉄道としては初のVVVFインバータ制御を取り入れ、室内灯にLEDを用いるなど、省エネルギー性にも配慮した車両となっています。
TOMIXのNゲージ鉄道模型箱根登山鉄道 3000形 アレグラ号は、小型車体に収まる新型動力ユニットを組み込み、両方の台車を駆動します。半径103mmの、TOMIX Nゲージ用「スーパーミニカーブレール」に対応し、実車同様に急曲線を走る様子が再現出来ます。

ヘッドライト・テールライトのON-OFFが可能に

TOMIXのNゲージ鉄道模型箱根登山鉄道 3000形 アレグラ号は、ヘッドライト・テールライトともON-OFFが可能で、編成中間に入る先頭部のライトの消灯が出来ます。TOMIXのNゲージ鉄道模型箱根登山鉄道 3000形 アレグラ号は、屋根上クーラーと屋根上ヒューズボックスを別部品として取り付け、上から見下ろすことの多い鉄道模型にふさわしい高度な作り込みを行っています。
TOMIXのNゲージ鉄道模型箱根登山鉄道 3000形 アレグラ号は、クモハ3000形3001号と3002号の2両セットで、3001号に動力を組み込んでいます。別売りオプションとなる室内灯を設置すると、箱根登山鉄道 3000形 アレグラ号特有の大きな窓から灯火がこぼれ、実車同様の個性的な雰囲気を存分に味わうことが出来ます。

TOMIX「箱根登山鉄道 3000形 アレグラ号」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「箱根登山鉄道 3000形 アレグラ号」だけでなく、TOMIX製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

TOMIXの鉄道模型~JR H5系 北海道新幹線(はやぶさ)Nゲージ

JR H5系 北海道新幹線(はやぶさ)

モデルJR H5系 北海道新幹線(はやぶさ)
メーカーTOMIX
製品名JR H5系 北海道新幹線(はやぶさ)

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー TOMIX モデル JR H5系 北海道新幹線(はやぶさ)
参考価格 30,240円 発売日 -

0120-945-991 買取価格を調べる

日本を代表する鉄道模型ブランド

TOMIXは日本の代表的な鉄道模型ブランドの1つです。直流2線式のNゲージの車両、特殊な線路、アクセサリー、サウンド機能付きの制御機器などのほか、ジオラマセットなどを製造・販売しています。TOMIXはブランド制定から一貫して、Nゲージ鉄道模型のシステム化に力を入れています。
TOMIXは数ある鉄道模型ブランドの中でも、最も新幹線車両を製品化していることでも有名です。JR H5系 北海道新幹線(はやぶさ)は、現在東北新幹線として東京駅から新青森駅を走っているJR東日本の新幹線車両のE5系とほぼ同仕様で製造される車両です。E5系が開発された経緯として、東北新幹線の路線を最高速度320km/h運転を目指したことがきっかけとされています。

2つのキャッチコピーがある注目された車両

車両のキャッチコピーは2つあり、「MADE IN DREAM.」、「21世紀の夢の超特急をカタチにしたら、こうなりました。」です。新たな車両の導入に伴い、従来のグリーン車よりも上位の品質を提供するグランクラスが開発されました。
この車両はデザインコンセプトの「特別な旅のひとときをあたなに-Exclusive Dream-」をキーワードに客室やシートがデザインされており、2012年には鉄道友の会ブルーリボン賞に選ばれています。2016年3月に開業する北海道新幹線で使用されるJR H5系 北海道新幹線(はやぶさ)とE5系では、車体中央の帯色や内装が異っています。

オプションセットも充実

TOMIXでは、開業前からJR H5系 北海道新幹線(はやぶさ)をNゲージ鉄道模型として、すでに先行販売しています。JR H5系 北海道新幹線(はやぶさ)を1/60サイズにし、E5系とのデザインの違いやグランクラスなどの車両もTOMIXならではの再現性をもってNゲージで表現されています。
鉄道模型のオプションパーツも充実しており、車両編成も自由に組み合わせが可能で、JR H5系 北海道新幹線(はやぶさ)基本セット、増結セットが用意されています。Nゲージの歴史に新たな一編成が加わりました。

TOMIX「JR H5系 北海道新幹線(はやぶさ)」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「JR H5系 北海道新幹線(はやぶさ)」だけでなく、TOMIX製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

TOMIX鉄道模型Nゲージわたらせ渓谷鐵道 WKT-500形(501号車)

わたらせ渓谷鐵道 WKT-500形(501号車)

モデルわたらせ渓谷鐵道 WKT-500形(501号車)
メーカーTOMIX
製品名わたらせ渓谷鐵道 WKT-500形(501号車)

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー TOMIX モデル わたらせ渓谷鐵道 WKT-500形(501号車)
参考価格 6,300円(税抜) 発売日 -

0120-945-991 買取価格を調べる

1976年誕生の鉄道模型ブランド

TOMIX、Nゲージのわたらせ渓谷鐵道 WKT-500形(501号車)について紹介します。1976年に誕生した鉄道模型の専門ブランド、TOMIXは実物のイメージを大切にし、鉄道模型だけでなく、レール、コントローラー、風景のジオラマなどが設計されています。
想像し簡単に遊べるように、駅や建物、樹木にいたるまで考えられています。わたらせ渓谷鐵道 WKT-500形(501号車)はNゲージ鉄道模型です。小型模型には、HOゲージもありますが、日本ではNゲージが最も普及しています。Nゲージ鉄道模型は9mm軌間の走行模型で、電力を動力に走る電動模型です。小型なので、走らせる場所を取らないのがNゲージ鉄道模型の良いところです。

随所に見られるこだわり

TOMIXが設計した、わたらせ渓谷鐵道 WKT-500形(501号車)は、2011年から営業運転を開始した、わたらせ渓谷鐵道の新型車両わたらせ渓谷鐵道 WKT-500形(501号車)の再現です。排障装置(スカート)は新規で再現されています。
車番、ロゴマークは印刷されていて、行先表示器は無点灯、行先シールの付属がされています。フライホイール付動力が搭載されているので、急発進、急停車しにくくなっています。TNカプラー(SP)が標準で装備されています。

さまざまなカスタマイズが可能

また、わたらせ渓谷鐵道 WKT-500形(501号車)は、ミニカーブの通過が可能なので、TOMIXのミニカーブレールの走行ができます。ミニカーブレールは高速運転に適していないので、その際は注意が必要です。付属品には、ランナーパーツのホイッスル、無線アンテナ、パーツでは、治具が各1つずつついています。
オプションは、常点灯用室内照明ユニット(LED)、室内照明ユニット(ノーマル)に対応しています。室内にオプションパーツを付け、自宅で夜間走行するなど、TOMIXのわたらせ渓谷鐵道 WKT-500形(501号車)は工夫や、カスタマイズが楽しめます。

TOMIX「わたらせ渓谷鐵道 WKT-500形(501号車)」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「わたらせ渓谷鐵道 WKT-500形(501号車)」だけでなく、TOMIX製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

TOMIXの鉄道模型、樽見鉄道 ハイモ330-701形のNゲージについて

樽見鉄道 ハイモ330-701形

モデル樽見鉄道 ハイモ330-701形
メーカーTOMIX
製品名樽見鉄道 ハイモ330-701形

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー TOMIX モデル EF60 19 タイプ ラウンドハウス
参考価格 6,300円(税抜) 発売日 -

お持ちの鉄道模型は今いくら?
買取価格を調べる

岐阜県の大垣から樽見までを走る車両

TOMIXの鉄道模型、樽見鉄道 ハイモ330-701形のNゲージですが、岐阜県の大垣から樽見までを走る樽見鉄道の新型車両です。新潟トランシスという会社で作られた車両で第三セクターの会社を始めとして、現在老朽化が進んでいる車両が走っているローカル線向けに作られた車両のシリーズです。
そのため樽見鉄道 ハイモ330-701形と似た車両は全国各地にあり、中でも三陸鉄道の36-700形、わたらせ渓谷鉄道のWKT-500系、肥薩おれんじ鉄道のHSOR-100形はほぼ同じ車体であるため、TOMIXからバリエーション展開として鉄道模型のNゲージとして発売されています。

高性能なフライホール動力

樽見鉄道 ハイモ330-701形は2010年に樽見鉄道向けの新型車両として搬入され、翌年2011年の2月より営業運転を開始した車両です。樽見鉄道 ハイモ330-701形は2015年現在1両しかいない車両ですので、TOMIXのNゲージでは通常ですとインレタで自分自身で転写する車両番号もあらかじめ印刷済みとなっています。
また車紋も印刷済みです。前面の行き先表示部分はほとんどの鉄道模型の車両が点灯式となっているのですが、TOMIXの樽見鉄道 ハイモ330-701形のNゲージでは最近の鉄道模型では珍しく非点灯となっています。また車両の行き先を再現するシールが付属されているので、好みによって好きな行き先を選ぶことができます。車両の動力に関しては、フライホイール動力という高性能な動力を搭載していますので、低速でもなめらかに車両が動きます。

常点灯式のヘッド・テールライト

ヘッドライト・テールライトは常点灯式なので、以前は車両が動いていないとライトがつかなかったのですが、最近のNゲージでは設定をすることで常にライトをついた状態を再現できる鉄道模型がこの車両を含めて多いです。
車両の塗装は樽見鉄道標準のスカイブルーに赤と白帯の塗装を再現していますが、2014年8月にラッピングが施されました。TOMIXから発売された樽見鉄道 ハイモ330-701形のNゲージですが1両ですので小型レイアウトや鉄道模型初心者にもオススメな車両になっています。

TOMIX「樽見鉄道 ハイモ330-701形」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「樽見鉄道 ハイモ330-701形」だけでなく、TOMIX製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

TOMIX鉄道模型のNゲージEF60 19 タイプ ラウンドハウス

EF60 19 タイプ ラウンドハウス

モデルEF60 19 タイプ ラウンドハウス
メーカーTOMIX
製品名EF60 19 タイプ ラウンドハウス

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー TOMIX モデル EF60 19 タイプ ラウンドハウス
参考価格 7,344円 発売日 -

お持ちの鉄道模型は今いくら?
買取価格を調べる

ジョイフルトレインの専用牽引機関車に指定

鉄道模型はたくさんの種類がありますが、その中で人気が高いものもあります。鉄道模型のNゲージなどで有名なTOMIXとなっていますが、EF60 19 タイプ ラウンドハウスというものがあります。鉄道模型のなかでもNゲージと呼ばれるもので、電気機関車となっています。
TOMIX鉄道模型のNゲージで、EF60 19 タイプ ラウンドハウスは、1986年にジョイフルトレインであるやすらぎの専用牽引機関車に指定されたものとなっています。

ボディーマウント式カプラーを採用

TOMIXのNゲージの鉄道模型であるEF60 19 タイプ ラウンドハウスは、この牽引機関車に指定され、白を基調に青と赤のストライプが施されています。現在に至るまでにこのような配色に変更されていますが、現在も高崎運転所に在籍しています。EF60 19 タイプ ラウンドハウスは、唯一現役のEF60型として非常に貴重な存在となっています。このような貴重な存在のNゲージの鉄道模型を、TOMIXでは取り扱っています。

TOMIXのEF60 19 タイプ ラウンドハウスの特徴は、ボディーマウント式カプラーが採用されています。これはKATOカプラーアダプター選択式となっています。ヘッドライトを点灯させることもできます。本物をしっかりと再現した模型となっています。またいくつかの付属品もあります。それはKATOカプラーアダプターになります。これは選択用で、このほかに屋根上機器がユーザー付部品として用意されています。

現在も現役として活躍

パッケージのサイズは、19.2センチメートルと4.3センチメートルと2.8センチメートルとなっています。人気商品となっているので、販売の際には予約が基本となっています。人気商品の場合は問屋への注文数が削減される可能性もあります。
現在でも現役で活躍している電車であるということで、マニアの間では非常に人気が高くなっている商品です。ボディカラーやヘッドライトの点灯など忠実に再現されているのが特徴です。

TOMIX「EF60 19 タイプ ラウンドハウス」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「EF60 19 タイプ ラウンドハウス」だけでなく、TOMIX製のNゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

KATOのNゲージ鉄道模型EH200は、シンプルで力強い造形を、リアルにスケールダウン

KATO EH200

モデルEH200
メーカーKATO
製品名EH200

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー KATO モデル EH200
メーカー希望価格 ¥ 9,800+税 発売日 -

お持ちの鉄道模型は今いくら?
買取価格を調べる

山岳線向けの貨物列車用直流電気機関車

JR貨物EH200形電気機関車は、2001年に登場した山岳線向けの貨物列車用直流電気機関車です。EH200形は、老朽化の進んだEF64形を置き換えるとともに、従来EF64形重連で対応していた山岳区間の貨物列車牽引を単機に置き換えるという目的で製造されました。

長い全長、大出力

EH200形の全長は25メートルに及び、その出力は4520KW/h、30分の短時間定格では5210KW/hにもなります。この大出力によってEF64形では重連を必要とした峠越えを単機でこなしています。愛称は一般公募によって「ECO POWERブルーサンダー」と命名されました。24両が製造され、全てが高崎機関区に配置されています。EH200形は、高速コンテナ貨物列車や石油タンク車の先頭に立って中央東線、上越線で活躍しています。

シンプルでシャープなラインを忠実に再現

KATOのNゲージ鉄道模型EH200は、「量産型」と通称される2006年以降に製造された二桁車番の本機をプロトタイプとしています。シンプルかつシャープで独特のラインを持つプロポーションを、KATOのNゲージ鉄道模型らしく、バランス良く実感的に再現しています。実車と同じく2車体連結・8軸駆動を再現、長編成のコンテナ貨車やタンク車を、力強く牽引します。KATOのNゲージ鉄道模型EH200は、動力ユニットにはフライホイールを内蔵し、滑らかでパワフルな走行が楽しめます。側面のロゴは印刷で美しく表現し、車番は4種類の中から選択式となっています。

より細やかな部分も追求されたモデル

KATOのNゲージ鉄道模型EH200は、新規に台車枠を設計し、1軸あたり2個に増強された砂箱など、ディティールを緻密に作り込んでいます。また、前面にはあえてアーノルドカプラーを配置していますので、KATO製以外のNゲージ鉄道模型の貨車も、カプラーの交換をせずに牽引することが出来ます。よりリアルな表情をお求めの方は、ナックルカプラーが添付されていますので、こちらに交換することが出来ます。

KATOの鉄道模型「EH200」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムではKATO「EH200」に限らず鉄道模型グッズも高価買取致します。レール・ジオラマ素材ももちろん大歓迎です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

TOMIXのこだわりが随所に光るHOゲージ鉄道模型の名作「JR EF210-0形」

JR EF210-0形 電気機関車

モデルJR EF210-0形 電気機関車
メーカーTOMIX
製品名JR EF210-0形 電気機関車

タイプ 鉄道模型 スケール HOゲージ
メーカー TOMIX モデル JR EF210-0形 電気機関車
参考価格 26,784円 発売日 -

お持ちの鉄道模型は今いくら?
買取価格を調べる

幅広い地域で活躍する電気機関車

JR EF210-0形 電気機関車が登場したのは、1998年です。直流電気機関車の標準型であるJR EF210-0形 電気機関車は一般から愛称が募集され、「ECO-POWER 桃太郎」という愛称が付けられました。
東海道・山陽線を中心に活躍している電気機関車で、東北・高崎線や瀬戸大橋線を経由して、四国でも運用されています。

LED電球やGPSアンテナを採用

JR EF210-0形 電気機関車はTOMIXから鉄道模型として発売され、人気を博しています。TOMIXの鉄道模型はその精巧な出来栄えから鉄道マニアに人気が高く、0番代の1 18号機のグループをプロトタイプとしています。JR EF210-0形 電気機関車のHOゲージも評判が良く、再現性の高さが売りです。JR EF210-0形 電気機関車のヘッドライトはLED電球が使われています。通電端子は台車裏装着部品にて対応しています。パンタグラフや助手席下の桃太郎マークも忠実に再現されていて、車体側面のJRFマークも印刷できちんと再現されています。
また、車番は転写式メタルシートの番号が貼り付けられていて、マニアにはうれしい仕様となっています。鉄道模型はメーカーの姿勢が商品に反映されますが、HOゲージのスケールなども含め、TOMIXのメーカーとしての物作りの姿勢が伺える素晴らしい完成度となっています。HOゲージは鉄道模型の根幹をなすもので、TOMIXのこだわりが感じられる逸品です。また、GPSアンテナを取り込み済みであるというのも、この商品の大きな特長です。

完成度の高さがポイント

こうした装備をしっかりと再現していることからもTOMIXの商品への愛着が感じられます。鉄道模型はやはりメーカーの物作りのこだわりが製品の人気度を決める大きなポイントです。
特に、HOゲージはこだわるマニアが多いので、 HOゲージのできばえは製品の人気を大きく左右します。JR EF210-0形 電気機関車が品薄になるほど人気なのは、こうした完成度の高さが大きな理由と言えます。

TOMIX「JR EF210-0形 電気機関車」の買取も鉄道模型高く売れるドットコム!

鉄道模型高く売れるドットコムでは「JR EF210-0形 電気機関車」だけでなく、TOMIX製のHOゲージを高価買取中です。一台から複数台までお電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示しております。

0120-945-991 買取価格を調べる

マイクロエースのED42 4重連セット (4両セット)の鉄道模型について

マイクロエース ED42 4重連セット

モデルED42 4重連セット
メーカーマイクロエース
製品名ED42 4重連セット (4両セット)

タイプ 鉄道模型 スケール Nゲージ
メーカー マイクロエース モデル ED42 4重連セット
メーカー希望価格 21,384円(税別) 発売日 -

0120-945-991 買取価格を調べる

マイクロエースより電気機関車の鉄道模型登場

鉄道に興味があったり模型を集めることを趣味にしている人がいます。その中で人気が高くなっているのが、マイクロエースのED42 4重連セット (4両セット)の鉄道模型になります。マイクロエースのED42 4重連セット (4両セット)の鉄道模型は、電気機関車の模型となっています。
1893年4月に開通をした信越本線横川から軽井沢間に関しては、国内最級勾配66.7パーセントという事で、ラックレールとのかみ合わせを利用して、坂道を上るというアプト式が採用されていました。当時は蒸気機関車として運転されていましたが、1912年に電気化されたと言うことで、蒸気機関車に置き換えられたという歴史があります。したがってEC40やED40やED41が使われていました。そしてED42に関しては、1933年から28両が製造されるようになっています。

1号機は純鉄道記念物として保存

パンタグラフは駅構内だけで使い、途中は第三軌条から集電する形となっています。この電気機関車は、基本的には横川方面に3両で、軽井沢方面に1両という形で列車を挟んで運用されていました。しかし1963年には、粘着運転方式に変更し、後継をEF63に譲り、アプト式は廃止となっています。
現在1号機に関しては、準鉄道記念物として保存されています。このような歴史のある鉄道となっているマイクロエースのED42 4重連セット (4両セット)の鉄道模型は、丸みのある窓枠を設けている標準型のプロトタイプとなっています。

動力部分の特長

マイクロエースのED42 4重連セット (4両セット)の鉄道模型は、実車が4両単位で使われていたと言うことで、4両セットで模型として登場しています。この中にはモーター車が2両入っています。マイクロエースのED42 4重連セット (4両セット)の鉄道模型はロッド部分が回転し、ここには赤い塗装が施されています。
縁の部分は金色です。所属標記印刷がすでに行われ、ヘッドライトも点灯するようになっています。

マイクロエース「ED42 4重連セット」などのNゲージ買取なら
鉄道模型高く売れるドットコム!

「ED42 4重連セット」をはじめ、マイクロエースのNゲージを高価買取中。全国対応どこからでもお客様負担なしでご利用いただけます。お電話かweb申し込みで事前に買取価格をご提示している買取サービスです。

0120-945-991 買取価格を調べる

最新の鉄道模型レビュー記事

ベーシックセットSD 923形ドクターイエロー
車両・レール・制御機器がセットになって登場。TOMIX「ベーシックセットSD 923形ドクターイエロー」のご紹介とレビュー。...

続きを読む



2007年に登場した「特別車両」と「ハイグレード車両」をスタイルそのままに再現。KATO「E655系 なごみ」のご紹介とレビュー。...

続きを読む



JR キハ47-500形ディーゼルカー(新潟色・赤)
2007年に登場した新潟色・赤色キハ47形を床下・屋根を新規製作したハイグレード版で発売!TOMIX「JR キハ47-500形ディーゼルカー...

続きを読む



1978年当時の津田沼電車区の編成をプロトタイプに再現。6両基本セットと4両増結セットで登場。KATO「101系 総武緩行線色」のご紹介とレ...

続きを読む



実車同様のスムーズでパワフルな走行感。KATO 「西武鉄道 5000系〈レッドアロー〉初期形」のご紹介とレビュー。...

続きを読む



ハセガワ 新製品レビュー

    ライオネルトレイン 新製品レビュー