鉄道模型買取専門店鉄道模型高く売れるドットコム » 買取品目一覧 » グリーンマックス 買取
宅配買取 店頭買取 出張買取 最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」 今すぐお電話ください 0120-945-991
店舗情報 東京リユースセンター 横浜リユースセンター 埼玉リユースセンター 仙台リユースセンター 名古屋リユースセンター 大阪リユースセンター 神戸リユースセンター 福岡リユースセンター
お客様の声を一部ご紹介
  • 親切にしていただきました
    カテゴリ:鉄道模型  登録日 2013-03-19
  • 近くだから
    カテゴリ:鉄道模型  登録日 2013-07-09
  • フリードリンクがあって、うれしかったです
    カテゴリ:鉄道模型  登録日 2013-03-06
  • 大変参考になりました
    カテゴリ:鉄道模型  登録日 2013-09-05
  • 新規オープンに興味ありました
    カテゴリ:鉄道模型  登録日 2013-07-30
お客様の声をもっと見る
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
出張エリア拡大中
  • 東京近郊の出張買取エリア東京都近郊の関東エリア
    (東京、千葉、埼玉、神奈川)
  • 名古屋近郊の出張買取エリア名古屋近郊の東海エリア
    (愛知、三重、岐阜)
  • 大阪近郊の出張買取エリア大阪府近郊の関西エリア
    (大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀)
  • 福岡近郊の出張買取エリア福岡近郊の九州エリア
    (福岡を中心とした隣接県)
エリア外もまずはお気軽にご連絡下さい。
お電話お待ちしております。
盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

グリーンマックス 買取

グリーンマックス 買取

グリーンマックス 高価買取

グリーンマックスの鉄道模型を高価買取実施中です。グリーンマックスのNゲージを始め、各スケールの鉄道模型を高価査定。
リアルタイムの価格相場を元に、買取額を算出しており常に適正な査定が可能。

■地域・お品物に合わせてご提案できる買取方法■
リユースセンターに商品を持ち込んでいただく店頭査定。当社のリユースセンターからお客様のご自宅に査定スタッフが向かう出張査定。お客様のご自宅から商品を当社に送っていただく宅配査定などがあります。
どの査定方法を利用した場合でも料金はかかることはありません。宅配査定で当社からお客様の指定口座まで料金を振り込む際にも手数料を取ることはないので、金銭的な負担を一切することなく売却が可能です。
他店との査定価格の違いを知りたい場合には、サイト上から簡単に出来る“事前査定”がありますから、そちらをご利用ください。
グリーンマックスの鉄道模型は程度が良ければ良いほど高額査定が可能ですから、不要になっているグリーンマックスの鉄道模型を処分される予定がある方は、高額買取りができる当社に商品をお売りください。

買取価格を調べる

グリーンマックス買取に出すときのポイント!

自分で組み立てる楽しみを味わえることから高い人気を博した鉄道模型メーカーがグリーンマックスです。リリースされた製品の多くは従来の鉄道模型マニアはもちろん、初心者にも高い支持を得ていますが、ここでは人気シリーズや概要をお伝えしましょう。

【グリーンマックスの概要】
グリーンマックスは玩具小売店を母体として誕生した鉄道模型メーカーで、1975年に創立した老舗メーカーの一つです。グリーンマックスがリリースする製品の大きな特長として挙げられるのが、購入者自ら組み立てるタイプの模型が多いということ。
また、未塗装未完成品を販売するというスタイルから製品コストを下げることができるため、安く購入できるというメリットもあります。

【カスタムキットシリーズ】
様々な私鉄車輛が製品ラインナップに揃っているこのシリーズは、付属選択パーツも豊富なことから様々なバリエーションに進化させて楽しむことができると高い人気を誇っています。ストラクチャーキットのパッケージアートには小林信夫の手によるイラストが描かれており、そこも高い人気を誇るポイントと言えるのではないでしょうか。
箱がなくとも高値売却することは可能ですが、少しでも高く売りたいのなら保管状態には注意しましょう。

【塗装済完成品】
グリーンマックスには未塗装、未完成品の模型が多かったため工作派のマニアが多かったのですが、近年では最初から完成品を望むマニアも増えたためグリーンマックスでも完成品を販売するようになりました。
2000系や22000系、阪神9300系など様々な模型がリリースされており、どれも高値で売れる可能性は高いです。買取店などに持ち込み査定を受ける際には、ライトが点灯するかどうかなどもしっかりチェックしておくことが重要です。

【キレイが高く売れるポイント】
どんなものでもそうかもしれませんが、高く売るためにはキレイであることが第一条件です。もちろん、中には例外もありますが、汚いよりはキレイな方が高く売れるのは間違いありません。そのため、グリーンマックスの模型を少しでも高額買取して貰いたい場合、まずすることは本体のクリーニングです。
また、本体だけでなく外箱に付着した埃なども落として、査定スタッフが一目見て「キレイだな」と思える状態にしておきましょう。

【リサイクルショップは止めよう】
グリーンマックスのようなマニア向け鉄道模型はリサイクルショップに持ち込んでも高値で買取ってくれることは殆どありません。
一部の方を対象として高い人気を誇っていますから、そうした価値をリサイクルショップなどでは判断することができないのです。そのため、できるだけ高く売りたいのなら鉄道模型専門の買取店に持ち込むことをおススメします。

買取価格を調べる

グリーンマックスの鉄道模型について

世界中に存在しているコレクションアイテムやホビーアイテムの中で、日本でもメジャーなアイテムとして知られているのが鉄道模型です。
鉄道模型とは名前の通り実際に走っていた多種多様な鉄道をいくつかのサイズにモデリングして模型として販売している商品のことで、簡略してデフォルトされたものもあればまるで本物を小さくしたかのような精密性を持っているものもあり、ファンの間では高値でやり取りされる商品も存在しているとされています。
そのため古くからコレクションアイテムとして日本で親しまれており、現在でも子供から大人まで楽しんでいる商品となっています。

そんな鉄道模型を製造しているメーカーは日本に数多く存在しており、その中のひとつとしてよく知られているのがグリーンマックスです。1975年に設立された東京に本社を置いている鉄道模型専門のメーカーであり、グリーンマックスの前身は元々模型の小売店だったとされています。
グリーンマックス創立当初は「創る楽しみいっぱい!」をキャッチフレーズとしており、射出成型によるプラスチック製の鉄道車両や建築物の未塗装キットを主体として展開していた過去を有しており、最初の頃は組立て式が中心となっていた傾向がありました。

現在では特にキャッチフレーズは使用せず、塗装済み完成品や塗装済み組み立てキットなどを中心としてすぐに組立てて飾ることができる鉄道模型を主体として販売しています。グリーンマックスの製品の特徴としては一般的な模型の主流であるNゲージでの製造販売を行っており、プラスチック製の軽量商品がメインとなっているところです。
基本的に台車や動力キットなどは別売り販売されているため、そのまま飾り付けて楽しみたい人とは別に動かして楽しみたい人は別売りされているキットを購入する必要がありますが、それによって用途別に楽しむ目的がはっきり分かりやすくなるようにしています。
プラスチックやNゲージ以外にもグリーンマックスで販売されている車両の種類は多種多様であり、ファンからも支持を集めているメーカーのひとつとなっています。

グリーンマックス買取対象品(一例)

《商品》


板キット製品群
カスタムキットシリーズ

 

ストラクチャーキット

 
主にパッケージアートには小林信夫によるイラストが使われている。また、その時期の同社商品のカタログでストラクチャーにほぼ同スケールの他ジャンルキット(1/144飛行機や1/200の船舶、ノンスケールの駄菓子屋流通のキット)の使用を薦めたり、当時は企画も担当していたようで、同社製ストラクチャーの漁船には、海外メーカーの近似スケールの大型漁船を日本型に改造するデカールも付属している。
近年は後述の完成品発売が中心なので、未塗装組み立てキット及び未塗装一体成型キットなどは、グリーンマックスザ・ストアーブランドの「クロスポイント」が担当している現状にある。

同社のもう一つの得意分野でもあるストラクチャー関連については、初期から豊富に製品化を行っていた。同社が板橋区に構えていたことから中規模私鉄沿線をイメージした製品が多い。最近完成品メーカーがストラクチャー関連商品にもラインナップを広げる反面、板キットが主流なこともありストラクチャーキットの新製品を発売していない。しかし最近になり近代ビルやマンションなどを手軽に作れ、オプションパーツで増築や大型化できるような塗装済みキットを製品化予定と発表しており、注目を浴びている。
大手・中小私鉄の中型車を中心に、前面パーツ・クーラーなどの付属選択パーツを豊富に加え、これを駆使して改造すると豊富なバリエーションに発展させて楽しむことができる板キット製品群。
エコノミーキットシリーズ
同社製板キットは従来1-2両のブリスターパッケージであったが、4両程度の箱セットとしてそのぶん価格をリーズナブルにした車両キット製品群。一部(阪急・京成)キットは、室内灯等の集電を考慮した台車を装備したハイカスタム仕様と称していたが、実質、エンドウ製の台車を流用したに過ぎない(現在は通常製品)。
同様の趣旨で、あるテーマに基づいてストラクチャーをセットにした「エコノミーアソート」シリーズもある。
 

《商品》

塗装済みキット

従来のキットは未塗装でユーザーが自ら塗装する必要があった。このキットはメーカー側で車体の塗装がなされている(一部に未塗装の部品がある)のが最大の特徴で、新規設計の物から前述の板キット(カスタムキット、エコノミーキット)を板状態で塗装した物、後期になると接着剤不要で形に出来る物まで発売されている。


塗装済み完成品

 
近年、増え続けている「無工作派」「収集派」の波に圧され、他社と同じような塗装済み完成品を発売するようになった。ラインナップは主に私鉄の比較的新しい世代の車両が中心で、近鉄22000系や名鉄2000系・2200系などの特急車両から、阪神9300系、東武30000系などの通勤車両までも完成品として発売している。
初期の完成品は、既存メーカー製品に比べライト、室内灯類の組み込みが考慮されないものもあったが、他社製室内灯組み込みの配慮がされたり、一部製品では自社製ライト点灯ユニットのオプションも用意されるなど、仕様の向上が見られるが、床下機器はコストダウンのため共通部品を使用しており実車に忠実でないため、細密・正確な表現を好むファンは購入を躊躇することもある。しかし、細かい点にはこだわらず、車体のバラエティを楽しんだり、走行させることを重視するファンがいることもまた事実である。床下機器については関連会社のクロスポイントでパーツとして販売されている。
また、既存メーカーで製品化されにくい私鉄やJRの地方向け車両もあるが、販売数量が見込めないために少数生産とならざるを得ず、いきおい価格も割高になる傾向がある。


GM鉄道カラー

 
当初「タカラ鉄道カラー」ブランドでカンスプレー・瓶塗料を発売していたが、タカラの塗料部門からの撤退に伴い販売を引き受け、ブランドを「GM鉄道カラー」に改めた。このためか以前の瓶塗料の蓋には「TAKARA」の文字がモールドされていた。その後瓶の形状を変更して現在に至る。
薄め液はGSIクレオス(旧グンゼ産業)から発売されているMr.カラー用の物を利用する。

 

※左記以外のグリーンマックス関連商品も買取り大歓迎でございます。お気軽にお問い合わせ下さいませ。 

宅配買取エリア

出張買取エリア

高く売れるドットコムの出張買取対応エリア

グリーンマックス査定のポイント

①清掃!


鉄道模型の買い取り前には、ほこりや油汚れ、などかんたんに清掃ができるところは出来る限りキレイに掃除をして頂けると買い取り査定額UPです!

 

②付属品完備!


ご購入された新品状態に近ければ近いほど良いです!
鉄道模型の取扱説明書、付属品はお忘れなく。
付属品は商品の需 要や、市場価値、状態と並ぶ買い取り査定の際の重要なポイントです。※ご依頼 される前に全てそろっているか、ご確認ください。

③まとめて依頼!


鉄道模型1点のみの買取よりも、まとめてたくさんありますと
とっても効率的!買い取り金額もサービスできるようになりますね。

※例えば、バラ車両1点よりもセットでご依頼の方が高額買い取り可能となります。

④売るタイミング!


鉄道模型は、倉庫に眠らせていた場合、市場価値が下がるだけではなく、価値が高まる可能性も考えられますので、タイミングは一概には言えません。ただ、使用されなくなり、倉庫スペースが手狭になった時は売り時かもしれません。一度お見積もりのご依頼を!

⑤未使用商品!


未使用品と使用品では買い取り額が異なってまいります。未使用品の方が、買取金額は高くなります。ただ、走行済みの商品でも、価値は十分ありますので、ご安心下さい。

⑥状態!


車両や箱の状態により買い取り額はダウンします。 また、禁煙環境で使用されていたか、喫煙環境で使用されていたかによっても、 買い取り額 は変わってまいります。長期間使用されていなかった場合も、コンディションに注意が必要です。


買取価格を調べる