鉄道模型買取専門店鉄道模型高く売れるドットコム » 買取品目一覧 » レイアウト雑学
宅配買取 店頭買取 出張買取 最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」 今すぐお電話ください 0120-945-991
店舗情報 仙台リユースセンター 埼玉リユースセンター 西東京リユースセンター 東京リユースセンター 横浜リユースセンター 名古屋リユースセンター 大阪リユースセンター 神戸リユースセンター 福岡リユースセンター
買取強化中の鉄道模型
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
出張エリア拡大中
  • 東京近郊の出張買取エリア東京都近郊の関東エリア
    (東京、千葉、埼玉、神奈川)
  • 名古屋近郊の出張買取エリア名古屋近郊の東海エリア
    (愛知、三重、岐阜)
  • 大阪近郊の出張買取エリア大阪府近郊の関西エリア
    (大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀)
  • 福岡近郊の出張買取エリア福岡近郊の九州エリア
    (福岡を中心とした隣接県)
エリア外もまずはお気軽にご連絡下さい。
お電話お待ちしております。

スタッフ大募集
盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

レイアウト雑学

■鉄道模型買取専門店の鉄道模型レイアウト豆知識

《レイアウトとは》
鉄道模型を走らせるための情景の模型。

屋内に作られるものと屋外に作られるものとに大別される。

屋内に作られるレイアウトは「固定式」「移動式」「おりたたみ式」「分割式」
などの様々な種類があり、その他、「モジュール式」(※下部参照)と呼ばれる連結することを前提として、
統一の規格で作られた「集合式」と呼ばれるものもある。

屋外に作られるレイアウトは周囲の風景と溶け合うように作られることも多い。
屋外レイアウトは「常設式」「分割式」「可搬式」などに分類される。
屋外レイアウトの新たな動きとしてレンタルレイアウト(※下部参照)がある。

以前は愛好家が自らの手で製作することが大半であったが、
Nゲージなど鉄道模型の普及などに伴い、KATOやDDFから販売されているものなど、
完成品の販売も増えている。

海外では早くから鉄道模型レイアウト作成の文化があり、ドイツのハンブルグには
巨大なレイアウトミニチュアワンダーランドが建設されている。

Nゲージなどの鉄道模型レイアウトの標準的なサイズは畳一畳分が標準的であったが、
近頃ではデスクトップレイアウトと呼ばれる小型レイアウトも広がりを見せている。
TOMIXのスーパーミニカーブレールがよく活用されている。
特に小さい円形のレイアウトはピザレイアウトとも呼ばれる。

《モジュールレイアウトとは》
一定の規格にしたがい作られたレイアウトをいくつも連結することで、
作成されたレイアウト。組み合わせは自由で、様々なプランを楽しむことができる。

鉄道模型メーカーの規格と合わせれば、市販のレールと組み合わせることもできるので、
お手軽な趣味として気軽に楽しむことができる。

大型レイアウトに比べ、運搬のしやすさ、作成のしやすさ、収納のしやすさで
日本においては好まれている。

鉄道模型のモジュールレイアウト普及のきっかけは、1973年にアメリカで制定された
「NTRAK」規格である。この規格とともにモジュールレイアウトの概念も広く知られることとなった。

日本では『鉄道模型趣味』誌上にて、NTRAK規格とも連結可能な
「JANTRAK」規格が発表されたことで関心をもつ鉄道模型ファンが増えた。
作成例はNゲージが圧倒的に多く、KATOやTOMIXなどのメーカー規格なども
後に制定されることとなった。

日本ではKATO、TOMIXがモジュールレイアウト向けのボードを販売しているが、
それぞれに互換性はない。

《レンタルレイアウトとは》
時間制で鉄道模型の運転場所を提供するサービス、および提供されるレイアウト。

レイアウトの提供を目的とするもの、鉄道模型販売店が販売促進のために提供するもの、
鉄道模型愛好家が開放する例、複合カフェのサービスの一つとして提供する例などがある。

基本的に走らせる鉄道模型は持参することが前提となるが、オプションとして
車両を用意しているところもある。

これらのレンタルレイアウトが発展した背景としては、日本の住宅事情や経済事情があげられる。
巨大なレイアウトを自宅に作り、そこで鉄道模型を走行させることは多くの鉄道模型ファンの
夢であるが、現実はお座敷レイアウトなどにともまることが非常に多い。
そのような鉄道模型ファンのニーズを満たす形で、広がりを見せつつある。

レンタルレイアウトの聖地とも言うべき場所が、新京成電鉄の子会社が千葉県松戸市で運営する
「新京成鉄道模型館」である。

NゲージとHOゲージのレンタルレイアウトが用意されており、車両持込でHOゲージ350円(30分)、
Nゲージ300円(30分)、車両貸出 HOゲージ 250円(10分) Nゲージ(10分)などの
料金体系でレンタルされている。

また、運転者には運転士の制帽をかぶっての記念撮影などのオプションも用意されている。

 

鉄道模型買取専門店「鉄道模型高く売れるドットコム」では鉄道模型レイアウトの買取も
おこなっております。まずはお気軽にご相談を!


買取価格を調べる
0120-945-991