鉄道模型買取専門店鉄道模型高く売れるドットコム » 買取品目一覧 » マイクロエースの無料査定・買取はこちら
宅配買取 店頭買取 出張買取 最短当日集荷可能!「宅配買取スピード集荷サービス」 今すぐお電話ください 0120-945-991
店舗情報 仙台リユースセンター 埼玉リユースセンター 西東京リユースセンター 東京リユースセンター 横浜リユースセンター 名古屋リユースセンター 大阪リユースセンター 神戸リユースセンター 福岡リユースセンター
買取強化中の鉄道模型
全国対応!!宅配買取
  • 全国対応!送料無料!
    キャンセル時の返送料も当店負担!
高く売れるドットコムの買取サービスをまんがで解説
出張エリア拡大中
  • 東京近郊の出張買取エリア東京都近郊の関東エリア
    (東京、千葉、埼玉、神奈川)
  • 名古屋近郊の出張買取エリア名古屋近郊の東海エリア
    (愛知、三重、岐阜)
  • 大阪近郊の出張買取エリア大阪府近郊の関西エリア
    (大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀)
  • 福岡近郊の出張買取エリア福岡近郊の九州エリア
    (福岡を中心とした隣接県)
エリア外もまずはお気軽にご連絡下さい。
お電話お待ちしております。

スタッフ大募集
盗難品・不正商品は一切お買取できません。買取対象外商品はこちら
AACD日本流通自主管理協会高く売れるドットコムは、不正商品の排除を目指すAACD日本流通自主管理協会の会員企業です。

マイクロエースの無料査定・買取はこちら

マイクロエースの無料査定・買取はこちら

マイクロエース鉄道模型 買取

マイクロエースの鉄道模型を高価買取いたします。Nゲージを始めとして、HOゲージなど各種スケールをお取り扱いしております。
当サービスでは、最初に電話またはウェブからお申込みいただくことでお持ちの鉄道模型が今いくらで買取できるのかお伝えしてます。 査定価格に納得していただいたら実際に買取いたします。買取方法は宅配買取、店頭買取から大量の鉄道模型であれば出張買取もお伺いいたします。
査定のお申込みは下記より!

買取価格を調べる
0120-945-991

マイクロエースを買取出すときのポイント

プラモデルメーカーとしても知られるマイクロエースは鉄道マニアからも高い支持を得る鉄道模型メーカーでもあります。ここでは、マイクロエースの人気シリーズや概要、高額買取のポイントについてまとめてみました。

【マイクロエースの概要】
マイクロエースは1963年に東京都板橋区で創業しました。しばらくはプラモデルを主力商品として扱っていましたが、1980年以降は鉄道模型に主力をシフトし、Nゲージ鉄道模型へ本格的に参入を果たします。従来の鉄道模型メーカーとは異なり、アニメなどに登場する架空の鉄道も商品化するなどの特徴があります。

Nゲージ
非常に幅広い商品ラインナップが魅力で、既に引退してしまった車輛から新しく開発された車両、殆ど知られていない臨時列車などマニア向けの模型も数多く存在します。また、概要でもお伝えしたようにアニメに登場する車両なども鉄道模型にしてしまうなど、鉄道マニア以外にも高い支持を得ています。高値で売るポイントとしては、木箱入りの商品などもありますから、そうした商品だと木箱にも価値が付きますから保管をしっかりすることが挙げられます。

【16番ゲージ】
2005年頃から本格的に16番ゲージも手掛けるようになったマイクロエース。商品には鉄道模型入門セットなどもあり、新たな鉄道ファン、マニアを取り込むことにも成功しました。主力車両としてはキハ40系や183系、52系などが挙げられます。高く売るためのポイントはNゲージと殆ど同じで、キレイな状態で保管しておくということがもっとも重要と言えるでしょう。

【車輛編成は可能かどうか】
マイクロエースの鉄道模型を高く売る方法として、一つの編成が組めるかどうかということが挙げられます。編成が組めるほどの車輛数にまとめることにより査定額がさらにアップすることが多いですから、可能であれば試してみるべきでしょう。もちろん、この場合にもしっかりクリーニングされている、手入れが行き届いているということが肝心ということは忘れないようにしてください。

【正しい知識を持つお店に】
マイクロエースが販売する鉄道模型にはコアなマニア向けの製品もありますから、鉄道模型に関する正しく幅広い知識がないと正確に価値を見定めることができません。そのため、リサイクルショップなどに持ち込むのではなく、鉄道模型に造詣の深いお店に持ち込んだり、専門家の在籍するお店で査定を受けることが高額買取のポイントとなります。

買取価格を調べる
0120-945-991

マイクロエース鉄道模型について

鉄道模型はコレクションアイテムとして収集しているコレクターも多く、古くから親しまれているホビーアイテムとして知られています。また、既に路線を走らなくなった電車にはプレミアムがつくことが多くなっていますし、何らかの記念で新しく作られる鉄道模型や新規で走るようになったものもモデリングされるなど、常に新しい鉄道模型が開発されていることから趣味としている人は少なくないと言われています。
そんな鉄道模型を製造販売している企業はいくつかあるのですが、その中のひとつにマイクロエースという会社があります。マイクロエースは1963年に創業された埼玉県に本社をおいている鉄道模型やプラモデルを製造しているメーカーであり、創業当時はプラモデルが主流でしたが1990年代以降は鉄道模型を中心として製造販売しています。
マイクロエースの特徴としては本格的なNゲージでの製造を行っていると言うところであり、国鉄電気機関車などを初めとして多くの電車をモデリングしているところです。そしてそれらはいずれも総じてプロポーションがよく、緻密かつ精密なディティールは当時開発されていた模型たちを凌駕するクオリティーで人気を集めています。
現在のマイクロエースの商品開発の傾向としては機関車に関しては単体販売が中心・電車はセット販売が中心となっていると言うところがあり、製造に関しては中国に委託しているのでマイクロエース本社では主に企画販売のみとなっています。
現在あらゆる機関車や電車をモデリングしており、実物以外にもアニメーション作品の鉄道なども模型化するなど幅広い商品を取り扱っており、機関車の記念作品なども提供していることから企画販売も活発に行われています。
ただし再販に関しては人気のあるものに限定しており、そのためレア度の高い商品もいくつかあることから入手しにくい模型もいくつかあるということでファンの間では高い値打ちで取引されるものもあります。

マイクロエース買取対象品(一例)

《商品》

プラモデル部門
プラモデルの分野では、超時空シリーズ(マクロス・オーガス・サザンクロス)等、キャラクター模型メーカーとしてモデラーに広く認知されている。代表的な商品として、珍作キットとして一部で有名な『超時空騎団サザンクロス』のラーナ少尉などがある。
有井(アリイ)時代は世間の流行に合わせてキットを開発する傾向が強く、駄菓子屋的感覚で製品の質よりもタイムリーさを狙った物が多い。1980年代のガンプラブーム時にはオリジナルストーリーブック(ミニサイズの漫画)が付属した「ザ★アニメージ」シリーズ、当時CM等で話題になったエリマキトカゲやラッコといった動物、1990年の湾岸戦争直後のパトリオット/スカッドミサイルのシリーズなどをリリースしていた。


特に、1987年にフジTVのバラエティ番組『笑っていいとも』ならびに『オレたちひょうきん族』の番組中で流行った吉永小百合の歌・『奈良の春日野』の「鹿のフン」(尻からプラスチック玉のフンを出すマンガチックな鹿の模型)は話題になる。プラモデルがキャラクター関連のプラモデル全盛期の余波で潤っていた模型メーカーに開発力があり、若年層が積極的にプラモデルを購入していた時期のエピソードである。


なお、現在もプラモデルも継続販売している。現在の製品は、以前に倒産・廃業したメーカー(LS、オオタキ等)から購入した金型を再利用し、自社製品として発売している。代表的なシリーズとして、旧LSの1/32オーナーズクラブやワールドフェイマス1/144ジェットファイターシリーズがある。一部の商品(ジェットファイターシリーズ等)については公式HPでも紹介されており、ラインナップ等が確認できる。パッケージは鉄道模型とは違い「アリイ」名義のままで長らく販売されてきたが、近年から順次「マイクロエース」に変えられている。
販売されている製品のジャンルは様々で、各スケールのカーモデルをはじめ鉄道車輛(HOゲージ)、船、扇風機などがある。
自動車関連のプラモデルは年式の古いものは名車シリーズとして、パッケージのイラストも旧社時代のパッケージを継承しての販売となっている。また、主力製品である1/32オーナーズクラブは、最も安価なカーモデルシリーズとして知られている。
ただし、キットにはバリや欠け、歪みなど、製造工程上の問題が他社製品より多く見られる。元となる金型が製造後20年以上経過した物が多いが、経年による金型の劣化を差し引いても、金型のメンテナンス状況の悪さを指摘されるほどである。

鉄道模型の分野では1980年に倒産した「しなのマイクロ」を傘下に収め、「マイクロエース」と改称し鉄道模型に本格的に進出Nゲージ製品の発売[1]を行うが、1980年代半ば以降長らく新製品の発売が無く、再生産もほとんど無い休眠状態が続いていた。そのため、会社自体も有井製作所に統合され、マイクロエースの名称のみが有井製作所の鉄道模型のブランド名として残る形となった。
その後、有井製作所は1990年代半ばより再び鉄道模型製品の発売を再開。自社では企画だけを行い、設計製造は中国のメーカーに委託するようになった。他の大手Nゲージメーカーが発売しない車輛を矢継ぎ早に発表、発売していく。 185系の試験塗装シリーズのように同一形式のバージョン違いが多い、車輛セットの構成車輛数が多い(4両×2の8両セット)のも特徴である。近年はキハ185系九州横断特急など、2両完結で税込1万円程度のセットや、115系3500番台湘南色などのように基本・増結の各セットを分けて発売する例が見られる。 2004年6月10日に会社名自体を株式会社マイクロエースに改称し名実ともに鉄道模型を主軸としたメーカーとなっている。 2006年にはマイクロエース10周年として、10周年記念モデルも発売された[2]。一時期レールなども発売していたが現在は車両とそれにかかわるパーツ類の商品ラインアップである。


鉄道模型の分野では1980年に倒産した「しなのマイクロ」を傘下に収め、「マイクロエース」と改称し鉄道模型に本格的に進出Nゲージ製品の発売[1]を行うが、1980年代半ば以降長らく新製品の発売が無く、再生産もほとんど無い休眠状態が続いていた。そのため、会社自体も有井製作所に統合され、マイクロエースの名称のみが有井製作所の鉄道模型のブランド名として残る形となった。


その後、有井製作所は1990年代半ばより再び鉄道模型製品の発売を再開。自社では企画だけを行い、設計製造は中国のメーカーに委託するようになった。他の大手Nゲージメーカーが発売しない車輛を矢継ぎ早に発表、発売していく。 185系の試験塗装シリーズのように同一形式のバージョン違いが多い、車輛セットの構成車輛数が多い(4両×2の8両セット)のも特徴である。近年はキハ185系九州横断特急など、2両完結で税込1万円程度のセットや、115系3500番台湘南色などのように基本・増結の各セットを分けて発売する例が見られる。 2004年6月10日に会社名自体を株式会社マイクロエースに改称し名実ともに鉄道模型を主軸としたメーカーとなっている。 2006年にはマイクロエース10周年として、10周年記念モデルも発売された[2]。一時期レールなども発売していたが現在は車両とそれにかかわるパーツ類の商品ラインアップである。

《商品》

鉄道模型部門
鉄道模型の分野では1980年に倒産した「しなのマイクロ」を傘下に収め、「マイクロエース」と改称し鉄道模型に本格的に進出Nゲージ製品の発売[1]を行うが、1980年代半ば以降長らく新製品の発売が無く、再生産もほとんど無い休眠状態が続いていた。そのため、会社自体も有井製作所に統合され、マイクロエースの名称のみが有井製作所の鉄道模型のブランド名として残る形となった。


その後、有井製作所は1990年代半ばより再び鉄道模型製品の発売を再開。自社では企画だけを行い、設計製造は中国のメーカーに委託するようになった。他の大手Nゲージメーカーが発売しない車輛を矢継ぎ早に発表、発売していく。 185系の試験塗装シリーズのように同一形式のバージョン違いが多い、車輛セットの構成車輛数が多い(4両×2の8両セット)のも特徴である。近年はキハ185系九州横断特急など、2両完結で税込1万円程度のセットや、115系3500番台湘南色などのように基本・増結の各セットを分けて発売する例が見られる。 2004年6月10日に会社名自体を株式会社マイクロエースに改称し名実ともに鉄道模型を主軸としたメーカーとなっている。 2006年にはマイクロエース10周年として、10周年記念モデルも発売された[2]。一時期レールなども発売していたが現在は車両とそれにかかわるパーツ類の商品ラインアップである。

商品展開
製品化対象は登場したばかりの新型車両から、既に引退した非常にマニアックな車両、地下鉄車両や中には計画だけに終わった車両やアニメに登場する空想車両までをラインナップし、大手メーカーと比べると商品数、レパートリーは非常に幅広い。又、年代・車号などと特定する仕様で他メーカーと競合するような製品であっても差別化を図っている。車両用ケースの色が製品ごとに異なるものもあるほか、木箱入りセットも一部発売される。しかし、他社では6-8両用の大きさのものに9-10両入れていることも多い。全体的に地域差やマニアックな車両が多いという特徴から、人気商品とそうでない物の差が非常に激しく、予約時点で完売し店頭に殆ど並ばないものがある反面、不人気により長く在庫されている商品もある。


近年は、他社に先駆けて新型車両を製品化するよりも、マニア向けの展開にやや軸足を移している。再生産の機会が非常に少なく、題材を同じくする製品であっても次回生産時は列車名やナンバープレートの変更など微妙に仕様が変更されることが多いため、ユーザーの多くはマイクロエースの製品を事実上の限定品と考えている。また同じ車両(特に1編成しか存在しない車両)の登場時タイプ、改造後タイプ、晩年期タイプなどが同時発売されている。再生産は車両ケースやかなり人気があったものなどごく一部で例外的にしか行われていないため、一部の商品は新品・中古ともに高額なプレミア価格、又はYahoo!などのインターネットオークションでやりとりされているケースが多い(東武1720系電車など)。なお、車両ケースについては再生産を頻繁に行っている。
2005年に第2号、2008年12月に第3号の総合カタログを発売したが、前述の理由により掲載されている商品の大半が新品市場、特に大規模店からは姿を消している。


上記のように、他の鉄道模型メーカーが製品化しないような製品を多く展開しているため、マニアックな車両を好むユーザーからは歓迎されている。車両の特徴として、妻面貫通扉を塗り分けたり、他社に先駆けて製品化したE231系東海道線仕様などでは連結面の転落防止幌や車内のつり革、果ては分解しなければ見ることのできないサニタリなどを再現しているなど手が込んでいる点があげられるが、最近は他社と競合しやすい新型車の早期製品化を見送っている傾向にある。
初期製品では、外観の印象把握の稚拙、リサーチ不足による初歩的かつ基本的な形状・仕様のエラー(113系電車等の前頭部分は実際に金型から作り直す事態に陥った)、部品共通化による「~タイプ」として誤魔化している一部の車両に見られるコスト重視の仕上がり、電車等での動力ユニットの下部クリアランス不足による走行支障、蒸気機関車における動力ユニット形状に起因する腰高なプロポーション、および内部導光ユニットの形状に由来する違和感の強い前照灯の形状表現、一部製品(C53蒸気機関車初回製品など)におけるダイキャスト不良(経年劣化が著しく早く、走行不能になることもある)など問題点が目白押しで、鉄道模型趣味誌では長らく新製品記事にも載らず、さらには「マイクロエースの製品を予約で買うのは博打と同じ」といわれる程で、ユーザーや小売店の信頼を今一つ得られていない印象があった。また動力車を半年以上放置しておくと、モーターのグリスが固まって動かなくなってしまうという事が多々あった。さらに交換用パーツの分売を全く行っていないという点でもユーザーからの信頼を得られていないウィークポイントとなっている。

それでも、特に蒸気機関車はC63、C52/8200、9800、4110、E10など既存製品に流用可能なものが存在しない、特殊な部品を使用するマイナーな車両の製品化が多く、改造を得意とする一部マニア層から熱烈な支持を受けた。
その後は開発陣のノウハウ蓄積が功を奏して製品のクオリティは順調に向上し、南海50000系「ラピート」や東武鉄道1720系電車や国鉄アルファコンチネンタルエクスプレスのように比較的良好な品質の製品が増えている。しかし他社では行われている保守用部品の分売が行われていない等の問題もある。
2005年にはHOゲージに進出している。かつてアリイ製品にHOサイズ(1/80)のプラモデルと鉄道模型用の下回り・レール・コントローラーをセットした「鉄道模型入門セット」があり、統合したしなのマイクロもHOを手がけていたので再進出となる。また企画名称の「Project 80」はしなのマイクロ時代に1/80スケール9・13mmゲージ製品の展開時に使われていたもの[4]の復活である。キハ40系を皮切りにキハ183系、183系1000番台、キハ52系を製品化した。

※左記以外のマイクロエース関連商品も買取り大歓迎でございます。お気軽にお問い合わせ下さいませ。

宅配買取エリア

出張買取エリア

高く売れるドットコムの出張買取対応エリア

マイクロエース鉄道模型の査定ポイント

①清掃!


鉄道模型の買い取り前には、ほこりや油汚れ、などかんたんに清掃ができるところは出来る限りキレイに掃除をして頂けると買い取り査定額UPです!

 

②付属品完備!


ご購入された新品状態に近ければ近いほど良いです!
鉄道模型の取扱説明書、付属品はお忘れなく。
付属品は商品の需 要や、市場価値、状態と並ぶ買い取り査定の際の重要なポイントです。※ご依頼 される前に全てそろっているか、ご確認ください。

③まとめて依頼!


鉄道模型1点のみの買取よりも、まとめてたくさんありますと
とっても効率的!買い取り金額もサービスできるようになりますね。

※例えば、バラ車両1点よりもセットでご依頼の方が高額買い取り可能となります。

④売るタイミング!


鉄道模型は、倉庫に眠らせていた場合、市場価値が下がるだけではなく、価値が高まる可能性も考えられますので、タイミングは一概には言えません。ただ、使用されなくなり、倉庫スペースが手狭になった時は売り時かもしれません。一度お見積もりのご依頼を!

⑤未使用商品!


未使用品と使用品では買い取り額が異なってまいります。未使用品の方が、買取金額は高くなります。ただ、走行済みの商品でも、価値は十分ありますので、ご安心下さい。

⑥状態!


車両や箱の状態により買い取り額はダウンします。 また、禁煙環境で使用されていたか、喫煙環境で使用されていたかによっても、 買い取り額 は変わってまいります。長期間使用されていなかった場合も、コンディションに注意が必要です。


買取価格を調べる
0120-945-991